ブラックマーケティング 賢い人でも、脳は簡単にだまされる

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年09月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784046044242

ブラックマーケティング 賢い人でも、脳は簡単にだまされる

  • 著者 中野 信子
  • 著者 鳥山 正博
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年09月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784046044242

気鋭の脳科学者とマーケティング学者が「悪のマーケティング」を斬る!

既存のマーケティングのフレームでは語られることなく説明の難しい現象が、私たちの身近で日々、起きている。
ネット上の「釣り広告」「ステマ」、リアル世界での「ホストクラブ狂い」「後妻ビジネス」、一向になくならない「振り込め詐欺」……。

こうした現象がなぜ起きるのか? 言い換えれば、「なぜ脳がハマってしまうのか」。
「悪を知らずして悪を止めることはできない」を合言葉に、2人のプロフェッショナルが「ブラックマーケティング」の解剖と対策に挑む!

悪徳商法や犯罪スレスレの商法以外にも、人々を熱狂させた「AKB商法」等のビジネスモデルまで幅広く扱うことで、ヒトの脳のだまされやすさを痛感し、自分の消費行動を振り返る!

・焦りにつけ込む「残り2点、お早めに」の効果
・タイムセール…人は「できるのにやらなかった」ことを後悔する
・衝動買いと「考える買い物」では、脳の機能部位が違う
・出会い系アプリ、「だまされるほうが悪い」と言い切れない理由
・ブームに乗るのは「脳の省エネ」
・「何かに頼りたい人」と霊感商法
・ソシャゲの罠…「タダ乗り」では楽しめないプログラム
・ギャンブル依存と浮気性の共通点
・日本は詐欺師天国?
・「これさえあれば」と思わせる実演販売の威力
・だまされやすい人は「カモ遺伝子」を持っている?

――私たちの脳は、無意識に「その気」にさせられて、何かが欲しくなったり、何かをしたくなったりすることが現実にたくさん起こっています。 (序章/中野信子執筆 より)

――これまでのマーケティングは、キレイゴトしか扱っていない「よい子のマーケティング」ではないか。(終章/鳥山正博執筆 より)

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

序章  「悪のマーケティング」はなぜはびこるのか
     ~脳科学者から見たマーケティングへの疑問~

第1章  焦りをかき立て判断力を奪う商法にご用心
     ~セロトニン×不安を煽るマーケティング~

第2章 「ハマりたがる脳」を刺激する罠の数々
     ~ドーパミン×依存させるマーケティング~

第3章  理性を麻痺させ「欲しい」と思わせる仕掛け
     ~オキシトシン×愛情マーケティング~

第4章  五感を使って他者を操る手法とは
     ~前頭葉機能×刷り込みマーケティング~

第5章  だまされやすさは遺伝子で決まる?
     ~遺伝子に操られる脳~

終章  「よい子のマーケティング」を脱し、サイエンスへ
     ~マーケティング学者が見た脳科学の可能性~

メディアミックス情報

NEWS

「ブラックマーケティング 賢い人でも、脳は簡単にだまされる」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • うーん、まあまあ。脳科学の知見を用いて、悪い言い方をすれば消費者を洗脳、コントロールする手法をマーケティングのひとつとして確立させようとする、ある意味では意欲的な作品で、それについては終章で鳥山先生の うーん、まあまあ。脳科学の知見を用いて、悪い言い方をすれば消費者を洗脳、コントロールする手法をマーケティングのひとつとして確立させようとする、ある意味では意欲的な作品で、それについては終章で鳥山先生のほうが熱心に書いているんだけど、ちょっと書き方が難しい。本論のほうはどうかといえば、脳科学者と経営学者の著者2人が交互に語るスタイルを取って、既存のマーケティングでフォーカスされない勾配メカニズムについて事例を出しながら紹介しているけれど、ブラック心理学的な内容に近い感じ。#ニコカド2020 …続きを読む
    徒花
    2020年11月02日
    129人がナイス!しています
  • 人は簡単に騙されてしまうが、問題は自分に都合の良いように解釈してしまうこと。立ち止まって考えることも大事だ。 人は簡単に騙されてしまうが、問題は自分に都合の良いように解釈してしまうこと。立ち止まって考えることも大事だ。
    おつまみ
    2019年11月30日
    54人がナイス!しています
  • 「空気を読む脳」を読んで脳科学に少し興味を持ち、中野さんの本を続けて読んでみた。経営学者の鳥山氏とのディスカッションを交えながら、マーケティング×脳科学を説明していくのは難しい内容だが面白かった。悪徳 「空気を読む脳」を読んで脳科学に少し興味を持ち、中野さんの本を続けて読んでみた。経営学者の鳥山氏とのディスカッションを交えながら、マーケティング×脳科学を説明していくのは難しい内容だが面白かった。悪徳商法、詐欺に悪用するのも、マーケティングとしてのコアコンセプト(STP)に脳科学を活用するのも要は使いよう。騙されないようにするにはどうすればよいか、までは言及されてないのが残念だが、この本に書かれている脳の動きを\意識\することで多少騙される事も少なくなるのかな。 …続きを読む
    ぴえろ
    2020年07月05日
    45人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品