歌集 月を食う

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年11月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
196
ISBN:
9784048842884
ニコカド祭り2020

歌集 月を食う

  • 著者 佐佐木 定綱
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年11月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
196
ISBN:
9784048842884

ぼくの持つバケツに落ちた月を食いめだかの腹はふくらんでゆく


男性の吐瀉物眺める昼下がりカニチャーハンかおれも食いたい
自らのまわりに円を描くごと死んだ魚は机を濡らす
湖のようなベッドを抜け出せば君のもとまでさざ波が立つ
ぼくの持つバケツに落ちた月を食いめだかの腹はふくらんでゆく
親鳥の不在のあいだに辞書の切れ端から虫の名を覚えだす

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「歌集 月を食う」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • こんな土砂降りの中、日傘なんてさして臓器売りがハラミをひっくり返したらてんやわんやと薄明が躍り出て、さぁさ、寄ってらっしゃい見てらっしゃい、黒塗りの車が通りますよ。気もそぞろに残像を追う。半分の優しさ こんな土砂降りの中、日傘なんてさして臓器売りがハラミをひっくり返したらてんやわんやと薄明が躍り出て、さぁさ、寄ってらっしゃい見てらっしゃい、黒塗りの車が通りますよ。気もそぞろに残像を追う。半分の優しさも含まれていない鎮痛剤のせいで白ばんだ昼の月がみえる。春告げる猫よけのペットボトル光線にて灼かれそうだわ。散らばった破損物にゴミステーションのまっさらな吐瀉物がやたらときらきらしているもんだからやっておれんのですわ。いつになったら攻撃に転ずるのか。遠いゐづこかで誰かが呼んだような。ああぜんぶ置いていきたいなぁ …続きを読む
    麻衣
    2020年10月15日
    37人がナイス!しています
  • <残したい思いはないけど月・金に出せないゴミが溜まってゆく部屋 暗き坂登れば夕陽に追いついて缶珈琲が光りはじめる 今最も注目の歌人・佐佐木定綱の第1歌集。2015年から2019年までの330首を収録す <残したい思いはないけど月・金に出せないゴミが溜まってゆく部屋 暗き坂登れば夕陽に追いついて缶珈琲が光りはじめる 今最も注目の歌人・佐佐木定綱の第1歌集。2015年から2019年までの330首を収録する。>2019年 4・5代続く国学者そして歌人一家のサラブレッドといえるのかな。現代短歌は馴染みがあまり無かったがとても共感できる歌が多数。面白かった!歌の良し悪しは全くわからずじまいでした(笑) …続きを読む
    Yuko
    2020年07月27日
    8人がナイス!しています
  • 軽やかに切り取っているようでいて、今生きているこの世界(日常)から意地でも足を浮かせないようにふんばっているような短歌でした。それだからか、読み終えた後に詠み手の顔が浮かぶような気分になるだけでなく、 軽やかに切り取っているようでいて、今生きているこの世界(日常)から意地でも足を浮かせないようにふんばっているような短歌でした。それだからか、読み終えた後に詠み手の顔が浮かぶような気分になるだけでなく、元来の友人であるような不思議な心地もするのでした。 …続きを読む
    邪馬台国
    2020年01月09日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品