試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年02月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041085714

彼女の色に届くまで

  • 著者 似鳥 鶏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年02月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041085714

彼女は、天才画家にして名探偵――。青春×アートミステリの決定版!

◎本格ミステリ大賞、日本推理作家協会短編賞候補作◎
◎単行本時は王様のブランチでの特集で話題沸騰◎

注目のミステリ作家が贈る青春ミステリの新たな決定版、待望の文庫化!
掌編仕立て(!?)の文庫版あとがきは、書き下ろし!


彼女は、天才画家にして名探偵。
天才少女と画商の息子は、絵画で謎を解き明かす――!

画廊の息子で幼い頃から画家を目指している緑川礼こと僕は、期待外れな高校生活を送っていた。友人は筋肉マニアの変わり者一人。美術展の公募にも落選続きで、画家としての一歩も踏み出せず、冴えない毎日だった。だが高校生活も半ばを過ぎた頃、僕は学校の絵画損壊事件の犯人にされそうになる。その窮地を救ってくれたのは、無口で謎めいた同学年の美少女、千坂桜だった。千坂は有名絵画をヒントに事件の真相を解き明かし、それから僕の日々は一変する。僕は高校・芸大・社会人と、天才的な美術センスを持つ千坂と共に、絵画にまつわる事件に巻き込まれていくことになり……。

ルネ・マグリット『光の帝国』、ジャクソン・ポロック『カット・アウト』、パウル・クレー『グラス・ファサード』など有名絵画が多数登場!【カラー口絵付き】
絵画をヒントに、美術にまつわる事件の謎を解け。「才能」をめぐる、ほろ苦く切ない青春×アートミステリ!

第一章 雨の日、光の帝国で
第二章 極彩色を越えて
第三章 持たざる密室
第四章 嘘の真実と真実の嘘
終  章 いつか彼女を描くまで

文庫版あとがき

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一章 雨の日、光の帝国で
第二章 極彩色を越えて
第三章 持たざる密室
第四章 嘘の真実と真実の嘘
終  章 いつか彼女を描くまで

文庫版あとがき

メディアミックス情報

NEWS

「彼女の色に届くまで」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★タイトルや表紙からラノベっぽいのかと思ったら、読み応え十分のミステリーだった!画家を目指している緑川礼と天才的な美術センスを持つ美少女・千坂桜。二人は高校、大学、社会人と、何度も絵画に纏わる事 ★★★★タイトルや表紙からラノベっぽいのかと思ったら、読み応え十分のミステリーだった!画家を目指している緑川礼と天才的な美術センスを持つ美少女・千坂桜。二人は高校、大学、社会人と、何度も絵画に纏わる事件に巻き込まれ、その度に桜が有名な絵画をヒントにトリックを見抜き、礼が犯人を探し当ててきた。連作短編の形をとっているがどの話のトリックも面白く謎解きも鮮やか。最終章では全ての話が繋がり真の真相が!礼の絵に対する葛藤や桜に対する想いもよく描かれていて、まさに青春アートミステリ。美術に関する註釈と後書きが面白い! …続きを読む
    ★Masako★今月もゆるゆる読書📖
    2020年05月27日
    98人がナイス!しています
  • きゅーってした、きゅーって(*ノωノ)連作短編ミステリーなんやけど、主人公の秀才絵描き&画商・緑川礼と天才絵描き&名探偵の千坂桜がむちゃ青春!高校から社会人になるまで4つの事件通じてくっつきそうでくっ きゅーってした、きゅーって(*ノωノ)連作短編ミステリーなんやけど、主人公の秀才絵描き&画商・緑川礼と天才絵描き&名探偵の千坂桜がむちゃ青春!高校から社会人になるまで4つの事件通じてくっつきそうでくっつかへんで…はよくっついてえなあって感じでほんまきゅーってしてん!事件は絵が被害うけるやつばっかり、落書きされたり破られたり燃やされたり盗まれたり…その都度、桜ちゃんが名画をヒントに事件解決してく!例によって注釈で笑わせてもらいつつ、アートの知識なんかもいっぱい教えてもろたりでお得感満載!さすが似鳥さんやった …続きを読む
    大阪魂
    2021年09月08日
    81人がナイス!しています
  • いわゆる青春アートミステリ。あるいはマッスルミステリ。青春の繊細な心の機微の横に筋肉。美術史と価値観の創造の裏に筋肉。表ははだけて鍛え上げた筋肉で魅せる。縦に一本筋を通した筋肉こそ至高。ミステリを真っ いわゆる青春アートミステリ。あるいはマッスルミステリ。青春の繊細な心の機微の横に筋肉。美術史と価値観の創造の裏に筋肉。表ははだけて鍛え上げた筋肉で魅せる。縦に一本筋を通した筋肉こそ至高。ミステリを真っ白なキャンバスに見立てた自由奔放な表現。三言で言えばシュール、面白い、笑える。ミステリとアートが筋肉を通して出会った。作品内でも触れられていたアートの本質を物語の内外から補強していく構成が絶妙。自由でいい。自由がいいんだよなぁ。本書を手に取り読み始めた瞬間からアートになる。筋肉はいいぞ。筋肉をつけてみないか? …続きを読む
    ちょこりり@スタンドアローン
    2021年07月10日
    70人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品