能楽師の娘 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年08月23日
商品形態:
電子書籍

能楽師の娘

  • 著者 波多野 聖
発売日:
2019年08月23日
商品形態:
電子書籍

美を求め能を求めて、明治、大正、昭和を生きた女性の、華麗なる生涯!

室町から続く能楽家に生まれた綾は、女ながら能楽師になりたいと志すかたわら女子英学塾にも学び、たぐいまれな審美眼をもつ才媛へと成長する。
そんな折、綾は親友同士である魅力的な2人の学生、重光伊織と高見友則と出会う。
3人での輝くような青春の日々が過ぎ、やがて綾は伊織と友則、どちらかを選ぶ時がくる――。
結婚、渡英、そして1920年代のパリへ。真の上流が繰り広げる、絢爛たるロマンスと人生! 『花精の舞』改題。解説・宮内美樹(観世流シテ方能楽師)


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「能楽師の娘」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「銭の戦争」で著者のファンになり、本書も時代設定を知り即買い。期待を裏切らないワクワクするものでした。「銭の戦争」と違い浮き沈みや、争いがあるわけではなく、読みようによっては、容姿、才能、家柄に恵まれ 「銭の戦争」で著者のファンになり、本書も時代設定を知り即買い。期待を裏切らないワクワクするものでした。「銭の戦争」と違い浮き沈みや、争いがあるわけではなく、読みようによっては、容姿、才能、家柄に恵まれた女の自慢話なんだけど時代が明治、大正舞台がヨーロッパ。度を越した絢爛華麗さは爽快ですらありました。寂しいのはたったの300ページ。女の一生としてはいささか駆け足すぎでした。もっとゆっくり読みたいです。 …続きを読む
    9分9厘
    2019年10月31日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品