デート・ア・ライブ アンコール10

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年08月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784040732701

デート・ア・ライブ アンコール10

  • 著者 橘 公司
  • イラスト つなこ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年08月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784040732701

十香と再会した「その後」を語りましょう

狂三と紗和の学園生活、士道の両親と真那の邂逅、美九の提案で開催される精霊たち全員集合の卒業旅行。やがて来る十香との別れの前の平穏な日常。そして「――みんな、ただいまだ!」十香と再会後の物語も語られる。

メディアミックス情報

NEWS

「デート・ア・ライブ アンコール10」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 狂三と紗和の学園生活、十香社長と精霊たちの会社経営、士道の両親と真那の邂逅、美九の提案で開催される精霊たち全員集合の卒業旅行、精霊たちの人狼ゲーム、そして十香と再会後の物語も語られる外伝第十弾。今回も 狂三と紗和の学園生活、十香社長と精霊たちの会社経営、士道の両親と真那の邂逅、美九の提案で開催される精霊たち全員集合の卒業旅行、精霊たちの人狼ゲーム、そして十香と再会後の物語も語られる外伝第十弾。今回も本編とはまた違う形のヒロインたちの個性が光る構成になっていて、十香社長の躍進と結末に爆笑し、士道たちの両親のエピソードに微笑ましい気持ちになり、精霊たちが暴走する卒業旅行や人狼ゲームににんまりし、そして相変わらずな彼女たちと十香と再会にじんわりして十分に堪能できました。まだ続きあるそうなので楽しみにしてます。 …続きを読む
    よっち
    2020年08月21日
    30人がナイス!しています
  • ★★★★★原作20巻を舞台にしたドラマガ再録5編に、22巻のアフターストーリー1編を含んだ短編集。彼女が支配する優しい世界が中心のためか、いつにも増してほっこりするような話が多かったように思える。また ★★★★★原作20巻を舞台にしたドラマガ再録5編に、22巻のアフターストーリー1編を含んだ短編集。彼女が支配する優しい世界が中心のためか、いつにも増してほっこりするような話が多かったように思える。また、本編の関係で、ずっと冬だったり現実世界じゃなかったりだったので、この季節の話がすごく新鮮。キャラたちが人狼をやる短編は何回か見たことあるが、妖狐はともかく、パン屋まで入れるのは初めて見た。というかパン屋なんて役職を初めて知った。それにしても、大団円の後のアフターは最高だな。もっとやってくれてもいいんですよ。 …続きを読む
    わたー
    2020年08月20日
    19人がナイス!しています
  • 満を持した短編集一〇巻目は本編最終版と強くリンクする短編で、自由度が高いネタが多く楽しい。 しかしその全てで本編要素が垣間見えると感慨深くなる。狂三主役だとしんみりしたシリアスになってしまうのは様式美 満を持した短編集一〇巻目は本編最終版と強くリンクする短編で、自由度が高いネタが多く楽しい。 しかしその全てで本編要素が垣間見えると感慨深くなる。狂三主役だとしんみりしたシリアスになってしまうのは様式美かもしれないが、一六巻以降知るとやはり哀しくなってしまう。 しかしやはり最後の本編後日談を読めば、作者の思いが垣間見える。特に折紙と十香の挿絵には感動も一押し。 妙に高い学生飲み会のリアリティや卒業後士道の周辺の偏見など笑うツボもあり、広く満足できる短編集であったかと。 しかし……次巻なにするんだろう? …続きを読む
    のれん
    2020年08月20日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品