数字で救う! 弱小国家 4 平和でいられる確率を求めよ。ただし大戦争は必須であるものとする。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年07月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784049126716

数字で救う! 弱小国家 4 平和でいられる確率を求めよ。ただし大戦争は必須であるものとする。

  • 著者 長田 信織
  • イラスト 紅緒
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年07月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784049126716

「この国を、新たな世代に繋ぐために」。ナオキとソアラは《大戦》に臨む!

紆余曲折の果てに、契を結んだソアラとナオキ。女王となったソアラは一児の母となり、そしてナオキは王配(女王の夫)としてソアラを助けつつ、宰相としての職務を日々こなしていた。
なぜかちゃっかり宮廷女官長兼ナオキの愛人(女王陛下公認)におさまっているテレンティアが、しっかりナオキとの子を作っていたりするが、それはさておき、弱小国ファヴェールは平和であった。
――そのはずだったのだが。
ファヴェールが所属する国家同盟と、他の諸国連合の関係が悪化。史上最大規模の、『国家連合同士の大戦』が迫る。
次なる世代に国の未来を繋ぐため、ソアラとナオキは、新たな戦いに臨む!!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「数字で救う! 弱小国家 4 平和でいられる確率を求めよ。ただし大戦争は必須であるものとする。」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • いやもう、「好きにやってくれ!」ですね(PP.180-187)。第2子のご出産も近いことでしょう(戦争しているのにいいのかな?)。前半は、「彼らはあれからこうなりました。」の紹介に当てられていて少し冗 いやもう、「好きにやってくれ!」ですね(PP.180-187)。第2子のご出産も近いことでしょう(戦争しているのにいいのかな?)。前半は、「彼らはあれからこうなりました。」の紹介に当てられていて少し冗長。だけど同盟している諸外国との化かし合いが始まってからが面白い。競う相手とはソアラとナオキの思考パターンが元より違うので、必ず“勝つ”のは安定安心なのだが。しかし敵騎兵が呆気なくやられてしまうのは如何だろう。前衛が倒れても後衛が左右から回り込んで銃兵隊を襲ったら?騎兵の持つ機動性を無視し過ぎなんじゃ? …続きを読む
    ばたやん@かみがた
    2019年10月14日
    63人がナイス!しています
  • 待望の第4巻は、前巻から5年後。王女ソアラと元皇女テレンティアの間に、それぞれ1ずつ子供ができた宰相ナオキ。世の中は、二大宗教派閥が争う多国間戦争の時代で、同盟国の要請を受けて新たな戦争を始めることと 待望の第4巻は、前巻から5年後。王女ソアラと元皇女テレンティアの間に、それぞれ1ずつ子供ができた宰相ナオキ。世の中は、二大宗教派閥が争う多国間戦争の時代で、同盟国の要請を受けて新たな戦争を始めることとなった、ソアラとナオキ率いるファベール王国。宗教戦争+第一次大戦みたいだな。2巻で敗戦を喫した騎馬大国ピエルフシュ共和国に宣戦布告するか、ナオキのセリフ回しがヤン・ウェンリー化してきたな。楽して勝つために戦略を駆使するとか。そして、敵サイドにも「魔術師」と呼ばれる戦略家の存在が示唆され、次巻への期待大です。 …続きを読む
    むっきゅー
    2019年07月20日
    34人がナイス!しています
  • まず第4巻が出た事に驚きです、前巻までで物語としては十分大団円を迎えられたと思っていたのですが…。何はともあれこれは僥倖、あれから年月が経った世界、ナオキやソアラ達がどのような姿に変貌したか。楽しみな まず第4巻が出た事に驚きです、前巻までで物語としては十分大団円を迎えられたと思っていたのですが…。何はともあれこれは僥倖、あれから年月が経った世界、ナオキやソアラ達がどのような姿に変貌したか。楽しみながらこの4巻は読ませて頂きました。しかしラノベ主人公が妻子持ちねぇ…まず見ないシチュエーションだなぁ。 …続きを読む
    MERLI
    2019年07月17日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品