学校弁護士 スクールロイヤーが見た教育現場

学校弁護士 スクールロイヤーが見た教育現場 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年10月10日
商品形態:
電子書籍

学校弁護士 スクールロイヤーが見た教育現場

  • 著者 神内 聡
発売日:
2020年10月10日
商品形態:
電子書籍

いじめ、ブラック校則、教師の長時間労働……なぜ違法が横行するのか?

(章立て)
はじめに
第一章 スクールロイヤーは救世主か
第二章 いじめ ―予防は困難だが適切な解決の助言役に
第三章 虐待 ―弁護士との連携で防げる可能性は高い
第四章 不登校 ―多様な背景を見極め、調整役に
第五章 校則、そして懲戒処分 ―スクールロイヤーの腕の見せ所
第六章 保護者対応 ―弁護士会の見解は真っ二つ
第七章 体罰 ―現実的な対案を提示できなければなくならない
第八章 部活動 ―白黒つける法律では判断が難しい
第九章 学校事故 ―子どもと教師を守るために
第十章 教師の過重労働 ―原因はたった二つ

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「学校弁護士 スクールロイヤーが見た教育現場」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 弁護士の資格を持ちながら、教員免許を持ち、現場で教員として働いた経験がある人だからこそ書ける。何よりも現場のリアルな感覚がよくわかっていて、読んでいても共感できる。「教育」と「法律」がどうしてもしっく 弁護士の資格を持ちながら、教員免許を持ち、現場で教員として働いた経験がある人だからこそ書ける。何よりも現場のリアルな感覚がよくわかっていて、読んでいても共感できる。「教育」と「法律」がどうしてもしっくりとこない点は何か、なぜ現場を無視したような法律が作られてしまうのかがよくわかる。現場を知らない人が作った法律を「コンプライアンス」といって守らせようとしていることがこのまま続けば、明らかに現場はパンクする。(もうしているかな?) …続きを読む
    totuboy
    2020年10月19日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品