皇子たちの悲劇 皇位継承の日本古代史

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年01月27日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784047036826

皇子たちの悲劇 皇位継承の日本古代史

  • 著者 倉本 一宏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年01月27日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784047036826

天皇(大王)として即位できなかった皇子たちから、古代王権の本質に迫る

『古事記』『日本書紀』をはじめ、日本古代の歴史書には、天皇として「即位できなかった皇子」の記事が多数残されている。これらの皇子たちの多くには、残念では済まされない苛烈な未来が待っていた。彼らは、なぜ即位することができなかったのか。記紀の伝承時代から、律令制成立期、律令制下、さらには平安時代の摂関期から院政期にかけて、敗者となった皇子たちの政治的背景を探求し、日本古代国家の本質に背面から迫る。

もくじ

序章  伝承時代の王子
第一章 倭王権の成立と王子
第二章 律令制成立期の王子(皇子)
第三章 律令国家と皇子
第四章 平安朝の確立と皇子
第五章 期摂関政治と皇子
第六章 摂関政治全盛期の皇子
第七章 院政と皇子

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「皇子たちの悲劇 皇位継承の日本古代史」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 天皇になれなかった皇子たちを、神話時代から院政期まで追う。あくまで即位関係を書いているので歴史的事件の記述はあっさりしている。系図で「不慮の死をとげた」人物には黒太枠がついているけれど、平城太上天皇の 天皇になれなかった皇子たちを、神話時代から院政期まで追う。あくまで即位関係を書いているので歴史的事件の記述はあっさりしている。系図で「不慮の死をとげた」人物には黒太枠がついているけれど、平城太上天皇の変(薬子の変)以降、崇徳上皇まで黒枠がなくなる。本当に「平安時代」だった訳だ。個人的なイメージでは継体天皇あたりまでは神話の時代なんだけど、彼は欽明天皇の父、その子が推古天皇、歴史の時代。これは素人の無知だけではなく、やはり継体天皇即位を描く作為とかあるのかなあと、これは自分の勝手な感想。 …続きを読む
    Hiroko Ogino
    2020年06月18日
    20人がナイス!しています
  • 図書館本。神話の時代から院政期までの「天皇になれなかった」皇子たちの人生。飛鳥、奈良時代は身内同士の殺し合いで、天皇になれないのは「殺されちゃったから」ということも往々にしてある。なまじ優秀だと殺され 図書館本。神話の時代から院政期までの「天皇になれなかった」皇子たちの人生。飛鳥、奈良時代は身内同士の殺し合いで、天皇になれないのは「殺されちゃったから」ということも往々にしてある。なまじ優秀だと殺されちゃう。実際に手を下さなくても異母、同母問わず死に追いやり怨霊を増産した平安初期を経て摂関期、院政期には皇族からも外され出家させられる皇子が続出。天皇になれるのはただ一人。皇子、皇女とはいえ安穏とはいかない人生。盗賊に殺され犬に喰われた皇女もいるなんて。「世が世なら」と臍を噛む思いの皇子が沢山いたことだろう。 …続きを読む
    びっぐすとん
    2020年07月25日
    16人がナイス!しています
  • 必ずしも「悲劇」に焦点を置いたものではなく、「即位できなかった皇子」に着目して、日本の皇位継承のメカニズムを説き明かすというものである。即位できなかった皇子がどのように遇されるかは本書で扱われる記紀時 必ずしも「悲劇」に焦点を置いたものではなく、「即位できなかった皇子」に着目して、日本の皇位継承のメカニズムを説き明かすというものである。即位できなかった皇子がどのように遇されるかは本書で扱われる記紀時代から院政期で変わってくる。何故記紀から始まるのかといえば、そこに描かれる即位できなかった王子に託した思いを読み取ろうとする試みで、後の時代でも早良親王の「怨霊化」のように「敗者の語り継がれ方」も注目に値する。 …続きを読む
    崩紫サロメ
    2020年02月20日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品