消えてください

消えてください 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年11月22日
商品形態:
電子書籍

消えてください

  • 著者 葦舟 ナツ
発売日:
2019年11月22日
商品形態:
電子書籍

孤独な少年と、幽霊の少女――二人は恋に落ちるごと、別れに一歩近づく。

『私を消してくれませんか』
 ある雨の日、僕は橋の上で幽霊に出会った。サキと名乗る美しい彼女は、自分の名前以外何も覚えていないらしい。
・一日一時間。
・『またね』は言わない。
 二つのルールを決めた僕らは、サキを消すために日々を共に過ごしていく。父しかいない静かな家、くだらない学校、大人びていく幼馴染。全てが息苦しかった高一の夏、幽霊の隣だけが僕の居場所になっていって……。
 ねえ、サキ。僕は君に恋するごとに“さよなら”の意味を知ったよ。


衝撃的な内容で発売直後から話題沸騰し、大ヒットとなった『ひきこもりの弟だった』から二年半――今、葦舟ナツが綴る、《別れ》の意味を問う、新たな衝撃作。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「消えてください」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • このイラストや帯の惹句にあるようなわかりやすい「恋愛」の形を書いている作品ではない。もっと根源的な、魂と魂との交流のようなものを求めるのがこの二人の物語なのではないか。前作を読み返すことが、著者のあと このイラストや帯の惹句にあるようなわかりやすい「恋愛」の形を書いている作品ではない。もっと根源的な、魂と魂との交流のようなものを求めるのがこの二人の物語なのではないか。前作を読み返すことが、著者のあとがきの真意を理解する鍵になるのだろう。いつか果たしたい。 …続きを読む
    佐島楓@勉強中
    2019年12月06日
    60人がナイス!しています
  • ある雨の日、橋の上でサキと名乗る美しい幽霊に出会った泉春人が、自分を消してほしいと願う彼女と消すために日々を共に過ごしていく物語。全てが息苦しかった高一の夏。そんな中で彼女と過ごす時間は確かな変化で、 ある雨の日、橋の上でサキと名乗る美しい幽霊に出会った泉春人が、自分を消してほしいと願う彼女と消すために日々を共に過ごしていく物語。全てが息苦しかった高一の夏。そんな中で彼女と過ごす時間は確かな変化で、けれど彼女に対する戸惑いも確かにあって。サキの過去が明かされてゆくエピソードの先にあった二人の関係にはまた違った印象もあっただけに、最後は唐突であっけないようにも思えましたけど、サキの心情がどのように変わったのか、そして最初に決めたルールも意外とポイントだったのか、その分岐点をいろいろ考えたくなる結末でした。 …続きを読む
    よっち
    2019年11月22日
    36人がナイス!しています
  • 一度読んだだけでは、この作品を知ることが出来てないと思う。受け手側である、読者が共感出来れば作品を楽しみことが出来るのかな。最後をどう受け取るか、試されている気がします。 一度読んだだけでは、この作品を知ることが出来てないと思う。受け手側である、読者が共感出来れば作品を楽しみことが出来るのかな。最後をどう受け取るか、試されている気がします。
    ツバサ
    2019年11月23日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品