勿忘草の咲く町で ~安曇野診療記~

勿忘草の咲く町で ~安曇野診療記~

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年11月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784041084229

勿忘草の咲く町で ~安曇野診療記~

  • 著者 夏川 草介
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2019年11月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784041084229

たとえ命を延ばせなくても、人間にはまだ、できることがある。

看護師の月岡美琴は松本市郊外にある梓川病院に勤めて3年目になる。この小規模病院は、高齢の患者が多い。 特に内科病棟は、半ば高齢者の介護施設のような状態だった。その内科へ、外科での研修期間を終えた研修医・桂正太郎がやってきた。くたびれた風貌、実家が花屋で花に詳しい──どこかつかみどころがないその研修医は、しかし患者に対して真摯に向き合い、まだ不慣れながらも懸命に診療をこなしていた。ある日、美琴は桂と共に、膵癌を患っていた長坂さんを看取る。妻子を遺して亡くなった長坂さんを思い「神様というのは、ひどいものです」と静かに気持ちを吐露する桂。一方で、誤嚥性肺炎で入院している88歳の新村さんの生きる姿に希望も見出す。患者の数だけある生と死の在り方に悩みながらも、まっすぐに歩みを進める2人。きれいごとでは済まされない、高齢者医療の現実を描き出した、感動の医療小説! 看護師の月岡美琴は松本市郊外にある梓川病院に勤めて3年目になる。この小規模病院は、高齢の患者が多い。 特に内科病棟は、半ば高齢者の介護施設のような状態だった。その内科へ、外科での研修期間を終えた研修医・桂正太郎がやってきた。くたびれた風貌、実家が花屋で花に詳しい──どこかつかみどころがないその研修医は、しかし患者に対して真摯に向き合い、まだ不慣れながらも懸命に診療をこなしていた。ある日、美琴は桂と共に、膵癌を患っていた長坂さんを看取る。妻子を遺して亡くなった長坂さんを思い「神様というのは、ひどいものです」と静かに気持ちを吐露する桂。一方で、誤嚥性肺炎で入院している88歳の新村さんの生きる姿に希望も見出す。患者の数だけある生と死の在り方に悩みながらも、まっすぐに歩みを進める2人。きれいごとでは済まされない、高齢者医療の現実を描き出した、感動の医療小説!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「勿忘草の咲く町で ~安曇野診療記~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 死をどう受け止めるか。「神様のカルテ」同様、信州の病院を舞台に三年目の看護師と研修医が医療の現実にぶつかる。そこに正解はない。【死神】と呼ばれる内科医。【小さな巨人】にブリザード師長。患者を看取り胃瘻 死をどう受け止めるか。「神様のカルテ」同様、信州の病院を舞台に三年目の看護師と研修医が医療の現実にぶつかる。そこに正解はない。【死神】と呼ばれる内科医。【小さな巨人】にブリザード師長。患者を看取り胃瘻の是非に悩む。高齢者ばかりの病院で医療はどうあるべき?医師不足と医療過誤。花と安曇野の四季も織り混ぜる。【九兵衛】の登場と【引き】の変人内科医。読みやすいが内容は濃く、読者を楽しませる術をよく知る作者。カタクリはご都合主義だが読んで損なし。名台詞が満載(後述)。パン屋より花屋(笑)。続く? …続きを読む
    zero1
    2021年07月01日
    337人がナイス!しています
  • 松本市郊外、上高地の入り口にある小規模病院、梓川病院。月岡美琴は内科病棟看護師。外科での研修を終え、内科へ来た研修医桂正太郎は髪はぼさぼさで無精ひげ、いかにも業務に疲れが滲む・・高齢患者は全身状態に関 松本市郊外、上高地の入り口にある小規模病院、梓川病院。月岡美琴は内科病棟看護師。外科での研修を終え、内科へ来た研修医桂正太郎は髪はぼさぼさで無精ひげ、いかにも業務に疲れが滲む・・高齢患者は全身状態に関わらず看取りへ導く「死神」谷崎医師、高齢者医療への疑問(第一話)退院間近のの高齢患者の誤嚥性肺炎死、病院の管理体制、毅然として家族に接する「未来のために」(第二話)結石による急性胆管炎、危険な内視鏡処置に老婆は「もう十分生きただよ」と(第三話)等・・高齢者医療に挑む正太郎は感動的。美琴との恋はさわやかに進む。 …続きを読む
    たっくん
    2020年04月02日
    331人がナイス!しています
  • 安曇野の病院で研修を行う桂は、高齢者医療の現実に直面する。激務をこなしながらも、花を愛し、自分らしさを失わない研修医の成長物語。「神様のカルテ」と同じように、優しく、芯の通った主人公、一癖も二癖もある 安曇野の病院で研修を行う桂は、高齢者医療の現実に直面する。激務をこなしながらも、花を愛し、自分らしさを失わない研修医の成長物語。「神様のカルテ」と同じように、優しく、芯の通った主人公、一癖も二癖もある指導医たちも、それぞれに真摯に命と向き合い、研修医の言葉に心動かされる、そんなシーンに痺れました。医療技術が発達し、延命法の選択肢が増えた今だから、高齢者医療について考えさせられる一冊でした。美しい自然と花、そして看護師の美琴との不器用な恋愛も爽やかで、シリーズ化してほしい良作でした。 …続きを読む
    ウッディ
    2020年08月10日
    324人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品