勿忘草の咲く町で ~安曇野診療記~

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年11月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784041084229

勿忘草の咲く町で ~安曇野診療記~

  • 著者 夏川 草介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年11月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784041084229

たとえ命を延ばせなくても、人間にはまだ、できることがある。

看護師の月岡美琴は松本市郊外にある梓川病院に勤めて3年目になる。この小規模病院は、高齢の患者が多い。 特に内科病棟は、半ば高齢者の介護施設のような状態だった。その内科へ、外科での研修期間を終えた研修医・桂正太郎がやってきた。くたびれた風貌、実家が花屋で花に詳しい──どこかつかみどころがないその研修医は、しかし患者に対して真摯に向き合い、まだ不慣れながらも懸命に診療をこなしていた。ある日、美琴は桂と共に、膵癌を患っていた長坂さんを看取る。妻子を遺して亡くなった長坂さんを思い「神様というのは、ひどいものです」と静かに気持ちを吐露する桂。一方で、誤嚥性肺炎で入院している88歳の新村さんの生きる姿に希望も見出す。患者の数だけある生と死の在り方に悩みながらも、まっすぐに歩みを進める2人。きれいごとでは済まされない、高齢者医療の現実を描き出した、感動の医療小説!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「勿忘草の咲く町で ~安曇野診療記~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★。地方の病院を舞台に若い研修医と看護師の関係性の描写を軸としたハートウォーミングな病院小説。文章もそれが紡ぐ作品世界も徹頭徹尾温かみと人間愛に満ち、秀逸な人間ドラマであるだけでなく、同時に高齢 ★★★★。地方の病院を舞台に若い研修医と看護師の関係性の描写を軸としたハートウォーミングな病院小説。文章もそれが紡ぐ作品世界も徹頭徹尾温かみと人間愛に満ち、秀逸な人間ドラマであるだけでなく、同時に高齢社会問題を筆頭に今の医療を取り巻く問題を鋭く描き切っている点が非常に良かった。医者や看護師、果ては病院かくあるべし、と思うけど、フィクションとして今作の魅力が際立っているのは、現実が全くそうでないからだろうな・・・。 …続きを読む
    バツ丸
    2019年11月15日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品