勿忘草の咲く町で ~安曇野診療記~

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年11月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784041084229

勿忘草の咲く町で ~安曇野診療記~

  • 著者 夏川 草介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年11月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784041084229

たとえ命を延ばせなくても、人間にはまだ、できることがある。

看護師の月岡美琴は松本市郊外にある梓川病院に勤めて3年目になる。この小規模病院は、高齢の患者が多い。 特に内科病棟は、半ば高齢者の介護施設のような状態だった。その内科へ、外科での研修期間を終えた研修医・桂正太郎がやってきた。くたびれた風貌、実家が花屋で花に詳しい──どこかつかみどころがないその研修医は、しかし患者に対して真摯に向き合い、まだ不慣れながらも懸命に診療をこなしていた。ある日、美琴は桂と共に、膵癌を患っていた長坂さんを看取る。妻子を遺して亡くなった長坂さんを思い「神様というのは、ひどいものです」と静かに気持ちを吐露する桂。一方で、誤嚥性肺炎で入院している88歳の新村さんの生きる姿に希望も見出す。患者の数だけある生と死の在り方に悩みながらも、まっすぐに歩みを進める2人。きれいごとでは済まされない、高齢者医療の現実を描き出した、感動の医療小説!


メディアミックス情報

NEWS

「勿忘草の咲く町で ~安曇野診療記~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 年明けの1冊です。安曇野の小規模病院で研修医1年目の桂正太郎が直面する高齢者医療の現実。命の終わりは誰にでもやってくる。生と死を見つめることの大切さを医師の立場から描いた良書です。お薦め。 年明けの1冊です。安曇野の小規模病院で研修医1年目の桂正太郎が直面する高齢者医療の現実。命の終わりは誰にでもやってくる。生と死を見つめることの大切さを医師の立場から描いた良書です。お薦め。
    ゆみねこ
    2020年01月03日
    93人がナイス!しています
  • 高齢者医療…患者側の言い分、医療従事者側の考え、どちらも正しいが答えはない。それでもいつかは向き合わなければいけないテーマを投げかけられている。神社へ御参り途中の車中で読んだので、つい「幸せな逝き方が 高齢者医療…患者側の言い分、医療従事者側の考え、どちらも正しいが答えはない。それでもいつかは向き合わなければいけないテーマを投げかけられている。神社へ御参り途中の車中で読んだので、つい「幸せな逝き方が出来ますように」と拝んでしまったよ(笑) …続きを読む
    おつぼねー
    2020年01月26日
    86人がナイス!しています
  • この作品を読む前は、新しい作品より「神様のカルテ」シリーズの新刊をと思っていた。しかし、実際に読み終えてみると、久しぶりに清々しい気持ちなれる新しい作品に出会えてよかった。地方の小規模病院で働く、看護 この作品を読む前は、新しい作品より「神様のカルテ」シリーズの新刊をと思っていた。しかし、実際に読み終えてみると、久しぶりに清々しい気持ちなれる新しい作品に出会えてよかった。地方の小規模病院で働く、看護師と研修医の二人が主人公の連作短編集。もちろん現在の日本が抱えている高齢者医療の現実が、この若い二人の目を通して描かれていて、考えさせられることが多い。それ以上にさわやかな二人と、登場する“花”のおかげで心地よく読むことができた。あの居酒屋「九兵衛」も登場したが、神カルでこの二人と再会できることを望みたい。 …続きを読む
    hiro
    2020年01月24日
    84人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品