富士見L文庫

民俗学研究室の愁いある調査 その男、怪異喰らいにつき

発売日:
2019年07月13日
商品形態:
電子書籍
民俗学研究室の愁いある調査 その男、怪異喰らいにつき 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

富士見L文庫

民俗学研究室の愁いある調査 その男、怪異喰らいにつき

  • 著者 神尾 あるみ
  • イラスト 小田 すずか
発売日:
2019年07月13日
商品形態:
電子書籍

呪われた凸凹コンビが 神の婚礼の謎に迫る、オカルトミステリー開幕!

 民俗学のフィールドワーク中に“呪われて”しまった大学院生・名鳥歩。彼の周囲では不可思議な研究室荒しや、動物の亡骸が散らばる事件が続く。
 身に危険が迫った名鳥に、教授が紹介したのは“怪異喰らい”と呼ばれる謎の美青年・朽木田千影だった。
 常に不機嫌そうな朽木田と脳天気な名鳥のふたりは、福井のある農村の風習を手がかりに“呪い”の秘密に迫っていくのだが……。
 謎が明らかになる一方、「怪異喰らい」となった千影の哀しい過去を知ってしまった名鳥は――?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「民俗学研究室の愁いある調査 その男、怪異喰らいにつき」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • オカルトミステリー。主人公のキャラのおかげか作中も終わりも楽しいものではなくても悲壮感があまり感じられず不思議な読後感。続きを読んでみたい オカルトミステリー。主人公のキャラのおかげか作中も終わりも楽しいものではなくても悲壮感があまり感じられず不思議な読後感。続きを読んでみたい
    あずとも
    2019年07月15日
    5人がナイス!しています
  • フィールドワーク中に怪異によって呪われてしまった大学院生・名取歩と怪異を喰らうことのできる不思議な少年・朽木田千影が事件を調査していく。民俗学は結構好きなので面白かったです。「蛇」がキーワード、神聖な フィールドワーク中に怪異によって呪われてしまった大学院生・名取歩と怪異を喰らうことのできる不思議な少年・朽木田千影が事件を調査していく。民俗学は結構好きなので面白かったです。「蛇」がキーワード、神聖な存在として崇められている時もあればその逆もしかり。今回の物語で陰湿でしつこいイメージが定着してしまいました。蛇と結婚とか拒否しても仕方ないと思うが。時折歩を助けてくれた瑞綺がああいう結果になったのは良かったのかな、その裏で犠牲になってしまった人もいますが。千影は普段どんな生活してるんだろうか?ていうか学生? …続きを読む
    なぎ
    2019年07月16日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品