神様の薬草園 かまいたちの傷薬

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784040732008

神様の薬草園 かまいたちの傷薬

  • 著者 松浦
  • イラスト 宮城 とおこ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784040732008

祖父から引き継いだのは、あやかしの住まう特別な庭だった――

祖父から家と、彼の愛した庭を引き継いだ智花。その庭はあやかしの世界と繋がっていて、あやかしたちに手伝ってもらい薬草を育てるのが智花の仕事だ。そんなある日、小さなかまいたちが薬を求めてやってきて……?

メディアミックス情報

NEWS

「神様の薬草園 かまいたちの傷薬」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • うーん、白沢への恋心がなぜそんな簡単に疑いに変わってしまい、ヒロ先輩のほうに傾いてしまうのかがよくわからずヤキモキさせられた。長年の自分の味方を普通信頼するものではないのかな。世間知らずすぎる智花が心 うーん、白沢への恋心がなぜそんな簡単に疑いに変わってしまい、ヒロ先輩のほうに傾いてしまうのかがよくわからずヤキモキさせられた。長年の自分の味方を普通信頼するものではないのかな。世間知らずすぎる智花が心配でならない。先輩がなぜその境遇でカフェバイトしているのかも謎だし、恋に決着もついていないし、続編はあるのだろうか? …続きを読む
    佐島楓
    2019年06月16日
    57人がナイス!しています
  • 愛されるゆえに厳しい真実から遠ざけられ、真綿で包まれて生きることが幸せだと思えるのは、「子ども」として誰かの庇護のもとで生きていられる間に限られるのではないだろうか。その庇護者が失われ、自分の足で立た 愛されるゆえに厳しい真実から遠ざけられ、真綿で包まれて生きることが幸せだと思えるのは、「子ども」として誰かの庇護のもとで生きていられる間に限られるのではないだろうか。その庇護者が失われ、自分の足で立たなくてはならなくなった時のことを考えると、例え愛情だとはいえ、やはり「知る機会」を失うことは幸せだとは思えません。出てくるキャラクター達が素直で可愛いのですが、どうも…某あやかしと重なり、イメージが引きずられてしまいました。最近の流行りなのでしょうか?喋り方まで同じなのはちょっと…なぁ。可愛いんだけど…。 …続きを読む
    assam2005
    2019年10月02日
    19人がナイス!しています
  • お化け屋敷と言われる自宅の庭で薬草を育てている主人公の話。 うーん、なんだか最後は駆け足気味だし、後出しが多すぎるし、内容と言うよりはキャラが出張ってる。あとみんな自分勝手が多すぎて話し合え。後半はセ お化け屋敷と言われる自宅の庭で薬草を育てている主人公の話。 うーん、なんだか最後は駆け足気味だし、後出しが多すぎるし、内容と言うよりはキャラが出張ってる。あとみんな自分勝手が多すぎて話し合え。後半はセリフ多めなので、あー、なんか途中で飽きたのかなと思わせる。あとありがちな主人公モテモテ。素直すぎて危機感ない。あやかしものが読みたい人にはピッタリ。表紙イラストは宮城とおこだけど華がなくなったね?気付かなかった。 …続きを読む
    悠遠
    2021年02月21日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品