試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041083307

医学のたまご

  • 著者 海堂 尊
  • イラスト ヨシタケシンスケ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041083307

バチスタシリーズに連なる、医学ミステリ青春篇!

中学生のぼくが、東城大の医学生に!?
天才少年(?)カオルが、小さな勇気を胸に大学病院に潜む悪に立ち向かう!

*イラストレーター・絵本作家、ヨシタケシンスケ描き下ろしの桜宮市地図、章扉イラスト収録*

曾根崎薫、14歳。
桜宮中学に通う、ごくフツーの中学生の彼が、ひょんなことから「日本一の天才少年」となり、東城大学の医学部で医学の研究をすることに!?
冷や汗と緊張の連続の中、ある検体をPCRで分析したところ、思いもよらぬ大発見をしてしまい教授も研究室も大騒ぎ。
学級委員の美智子、ガリ勉メガネの三田村、ガキ大将のヘラ沼と「チーム曾根崎」を結成して事態を乗り切ろうとするが、大学病院と医学研究の不正に直面して……。
お調子者のカオルの決意が、あなたの胸に勇気と希望の火を灯す。
賑やかで爽やかな医学ミステリ!

もくじ

1章 「世界は呪文と魔方陣からできている」と、パパは言った。
2章 「扉を開けたときには、勝負がついている」と、パパは言った。
3章 「初めての場所でまず探すべきは、身を隠す場所だ」と、パパは言った。
4章 「エラーは気づいた瞬間に直すのが、最速で最良だ」と、パパは言った。
5章 「ムダにはムダの意味がある」と、パパは言った。
6章 「閉じた世界は必ず腐っていく」と、パパは言った。
7章 「名前が立派なものほど、中身は空っぽ」と、藤田教授は言った。
8章 「悪意と無能は区別がつかないし、つける必要もない」と、パパは言った。
9章 「一度できた流れは、簡単には変わらない」と、パパは言った。 
10章 「世の中で一番大変なのは、ゴールの見えない我慢だ」と、パパは言った。
11章 「心に飼っているサソリを解き放て」と、パパは言った。 
12章 「道はいつも、自分の目の前に広がっている」と、ぼくは言った。
感謝の言葉と未来への言葉(単行本版のあとがき) 
12年後の文庫版のあとがき
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「医学のたまご」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 海堂さんのいつもの作風とは異なる作品。カンニングでスーパー天才中学生になってしまった薫君が飛び級で医学部に進学し論文を発表してしまう。ライトでコミカルなタッチだが、研究論文の問題に鋭いメスをが入る。後 海堂さんのいつもの作風とは異なる作品。カンニングでスーパー天才中学生になってしまった薫君が飛び級で医学部に進学し論文を発表してしまう。ライトでコミカルなタッチだが、研究論文の問題に鋭いメスをが入る。後半の大逆転は痛快。そして各章のお父さんの言葉が胸に響く。【カドフェス 2020】 …続きを読む
    ゴンゾウ
    2020年10月03日
    99人がナイス!しています
  • 《カドフェス2020》久しく海堂作品から遠ざかっていたのですが、高階院長や田口先生の名前を見たら『バチスタ…』から読み直したくなりました。海堂作品は所々リンクしているので知っている名前を見ると嬉しくな 《カドフェス2020》久しく海堂作品から遠ざかっていたのですが、高階院長や田口先生の名前を見たら『バチスタ…』から読み直したくなりました。海堂作品は所々リンクしているので知っている名前を見ると嬉しくなりますね。中高生向けに書かれた話なのでのめり込むようには読めませんでしたが、あとがきの海堂先生の言葉が卒業式の日に担任の先生がかけてくれる言葉のようでちょっとじーんとしました。これから関連本を掘りおこしたいと思います。 …続きを読む
    あつこんぐ
    2021年02月19日
    41人がナイス!しています
  • 品川図書館本。【カドフェス2020】シリーズ物の続編だったようだが、これだけで読んでも、勧善懲悪系で面白い。歴史だけが得意で、数学や英語の苦手な中学生が、潜在能力テストでいきなりに日本一になった。実は 品川図書館本。【カドフェス2020】シリーズ物の続編だったようだが、これだけで読んでも、勧善懲悪系で面白い。歴史だけが得意で、数学や英語の苦手な中学生が、潜在能力テストでいきなりに日本一になった。実はこれには裏がある。この少年、薫の父が、このテストを作った張本人。試作品のテストに挑戦していたからの高得点。そのせいで、飛び級して大学の医学部で、研究をすることに。しかし、そこに集うは、医学の研究に真摯に取り組む人ばかりではなかった。マスコミ操作でズルをする教授も。さて、薫は罠に嵌ってしまうのか?父の策略は? …続きを読む
    楽駿
    2020年09月09日
    36人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品