出身成分

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年06月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041083291

出身成分

  • 著者 松岡 圭祐
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年06月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041083291

史上初、平壌郊外での殺人事件を描くミステリ文芸!

■書評家から絶賛の声、続々!

「驚愕のラストシーンまで巻を措く能わずの傑作である。」
東えりか(書評家)「本の旅人」2019年7月号より

「『グアムの探偵』や『高校事変』等人気シリーズの傍ら、『ヒトラーの試写室』を始めとする歴史活劇でも気を吐く著者が満を持して放つ、日本人の出てこない異色の傑作だ。」
香山二三郎(コラムニスト)「週刊新潮」2019年7月11号より


脱北者の証言に基づく――
貴方が北朝鮮に生まれていたら、この物語は貴方の人生である

この国に生を受けただけなのに、希望はどこにある――
平壌郊外の保安署員クム・アンサノは11年前の殺人・強姦事件の再捜査を命じられた。犯人として収容されている男と面会し記録を検証するが、捜査の杜撰さと国家の横暴さを再認識するだけだった。実はアンサノの父は元医師。最上位階級である「核心階層」に属していたが、大物政治家の暗殺容疑をかけられ物証も自白もないまま収容されている。再捜査と父への思いが重なり、アンサノは自国の姿勢に疑問を抱き始める。そしてついに、真犯人につながる謎の男の存在にたどりつくが……。鉄壁な国家が作り出す恐怖と個人の尊厳を緻密に描き出す、衝撃の社会派ミステリ長編。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「出身成分」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 北朝鮮で起きた殺人強姦事件。事件から11年が過ぎ、保安署員のアンサノは再捜査を命じられる。事件を追うにつれて北朝鮮の実態が浮かび上がる。生まれながらに決まっている階層。「核心階層」、「動揺階層」、「敵 北朝鮮で起きた殺人強姦事件。事件から11年が過ぎ、保安署員のアンサノは再捜査を命じられる。事件を追うにつれて北朝鮮の実態が浮かび上がる。生まれながらに決まっている階層。「核心階層」、「動揺階層」、「敵対階層」の三区分からなる「出身成分」。階層が落ちることは、生きる上での絶望だ。密告社会と恐るべき差別。極度の貧困にあえぐ人々。この作品は脱北者の証言に基づき、実際に同様の報告もなされている様子。現代の日本が如何に平和で自由であるか思い知る。赤化統一が噂される現在、知るべき事柄が書かれた読まれるべき作品だろう。 …続きを読む
    yoshida
    2019年10月08日
    139人がナイス!しています
  • 多くの脱北者の証言を元にした北朝鮮の現状を、ノンフィクションさながらの筆致で読ませる社会派ミステリ。出身成分(身分)は親から子へ引き継がれ、富裕層以外の国民は、行動、言論、衣食住、どれをとっても何一つ 多くの脱北者の証言を元にした北朝鮮の現状を、ノンフィクションさながらの筆致で読ませる社会派ミステリ。出身成分(身分)は親から子へ引き継がれ、富裕層以外の国民は、行動、言論、衣食住、どれをとっても何一つ自由に選べるもののない国。情報社会と呼ばれる現代で、統治の名の下に狭い世界に隔離されている国民の姿はあまりにも生々しい。「どこの国でも同じだ」という言い含めは厳密に言えば欺瞞であり極論に過ぎるが、嘗ての日本もそう大差ない国では無かったか…。二転三転する衝撃の真相と結末に言葉を失う物語だった。読んで良かった。 …続きを読む
    Yoko Omoto
    2019年10月26日
    138人がナイス!しています
  • 言葉が出ない、一冊。北朝鮮社会派ミステリ。出身成分=この国独自の階級制度。階級によって全てを左右される人生にまず言葉が出ない。そして過去の事件の再捜査に乗り出す主人公の保安員の目線と共に、言葉を喪うほ 言葉が出ない、一冊。北朝鮮社会派ミステリ。出身成分=この国独自の階級制度。階級によって全てを左右される人生にまず言葉が出ない。そして過去の事件の再捜査に乗り出す主人公の保安員の目線と共に、言葉を喪うほどの現状が心にのしかかる。事件の真実に迫るほど、主人公の心の葛藤、後半のミステリとしての展開が驚きと共に胸を打つ。理事官の日本も同じだという言葉に圧倒された。そう思うことでこの国の人々は叫びたい思いを必死に押し殺しているのではないか、そう感じた。託された想いに更に言葉が出ない。希望の光を信じ、願いたくなる。 …続きを読む
    ちょろこ
    2019年09月13日
    125人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品