出身成分

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年06月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041083291
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

出身成分

  • 著者 松岡 圭祐
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年06月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041083291

史上初、平壌郊外での殺人事件を描くミステリ文芸!

■書評家から絶賛の声、続々!

「驚愕のラストシーンまで巻を措く能わずの傑作である。」
東えりか(書評家)「本の旅人」2019年7月号より

「『グアムの探偵』や『高校事変』等人気シリーズの傍ら、『ヒトラーの試写室』を始めとする歴史活劇でも気を吐く著者が満を持して放つ、日本人の出てこない異色の傑作だ。」
香山二三郎(コラムニスト)「週刊新潮」2019年7月11号より


脱北者の証言に基づく――
貴方が北朝鮮に生まれていたら、この物語は貴方の人生である

この国に生を受けただけなのに、希望はどこにある――
平壌郊外の保安署員クム・アンサノは11年前の殺人・強姦事件の再捜査を命じられた。犯人として収容されている男と面会し記録を検証するが、捜査の杜撰さと国家の横暴さを再認識するだけだった。実はアンサノの父は元医師。最上位階級である「核心階層」に属していたが、大物政治家の暗殺容疑をかけられ物証も自白もないまま収容されている。再捜査と父への思いが重なり、アンサノは自国の姿勢に疑問を抱き始める。そしてついに、真犯人につながる謎の男の存在にたどりつくが……。鉄壁な国家が作り出す恐怖と個人の尊厳を緻密に描き出す、衝撃の社会派ミステリ長編。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「出身成分」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 真実に近づいたと思ったらそれが罠だったと知らされるの繰り返し。 1984とそっくりの二重思考。 いつ転落するかわからない恐怖、集落の怖さ、理不尽が罷り通る。これが現実に近いことなのか?と思うと気がめい 真実に近づいたと思ったらそれが罠だったと知らされるの繰り返し。 1984とそっくりの二重思考。 いつ転落するかわからない恐怖、集落の怖さ、理不尽が罷り通る。これが現実に近いことなのか?と思うと気がめいる。だけど、程度の差はあれど、排除されて虐げられている人々はいる。。 これが事実からそう遠くはない話、というのが本当に。。。 …続きを読む
    ちぃ
    2019年06月30日
    21人がナイス!しています
  • 松岡さんの新作はかなりの問題作じゃないだろうか。北朝鮮の郊外で起きた事件にまつわる事を脱北者への取材を元に書かれている。ここに書かれている事が事実だとしたらこの国はもはや国家としての態を成していないの 松岡さんの新作はかなりの問題作じゃないだろうか。北朝鮮の郊外で起きた事件にまつわる事を脱北者への取材を元に書かれている。ここに書かれている事が事実だとしたらこの国はもはや国家としての態を成していないのではないだろうか。正義・真実というものは存在せず理不尽で虫けらのような生活を強いられる人々。死が隣り合わせにあるような生活だから命がけで脱北を自由を求めるのだろう。今の21世紀の世の中にこんな世界があるのだと驚かされた。 …続きを読む
    TAKA
    2019年07月04日
    11人がナイス!しています
  • 北朝鮮の片田舎で発生した取るに足らない殺人事件から、国の実態を暴く社会派ミステリー。北朝鮮に住む一般市民の生活が率直に描かれているため大変勉強になりました。出身成分という身分制度と監視社会、賄賂が物を 北朝鮮の片田舎で発生した取るに足らない殺人事件から、国の実態を暴く社会派ミステリー。北朝鮮に住む一般市民の生活が率直に描かれているため大変勉強になりました。出身成分という身分制度と監視社会、賄賂が物を言わす世界。そんな苛酷な状況下では、国が介入すれば真実さえ容易に捻じ曲げてしまう。あまりに前時代的で悪辣な国の実態は、日本人の私からすれば現実感がまるでなく、SFのディストピア小説を読んでいるような気分でした。けれど、現実としてこのような国が海の向こうにあることを胸に刻んでおこう。 …続きを読む
    アンスリウム
    2019年07月17日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品