死紋調査 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年07月24日
商品形態:
電子書籍

死紋調査

  • 著者 安東 能明
発売日:
2019年07月24日
商品形態:
電子書籍

死を予告する不気味な絵。万里は息子を救うため、謎の真相に迫る!

児童館で働く万里が拾った1枚の不気味な絵。数時間後、その絵を描いた児童が電車にはねられ死亡する事故が発生する。その絵には、児童の「死」が描かれていたのだった……! 事態に慄然とした万里は児童画の研究を始めるが、息子の描く絵に、ある形を見つける。その形を描いた児童の周囲では、次々と死が訪れていた。それは「死」を表すパターンなのか? 息子を救うべく奔走する万里だったが――。警察小説の第一人者が描く、異色のサスペンスミステリ!
※本書は角川ホラー文庫『予知絵』を改題したものです。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「死紋調査」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★☆☆☆文庫『予知絵』の改題加筆作。児童が描く絵には無意識な思いや警告が隠されてる?踏切事故で亡くなった女児が数時間前に描いた絵。その絵には自らの事故死が予知絵として描かれていた。主人公の息子の描く ★★☆☆☆文庫『予知絵』の改題加筆作。児童が描く絵には無意識な思いや警告が隠されてる?踏切事故で亡くなった女児が数時間前に描いた絵。その絵には自らの事故死が予知絵として描かれていた。主人公の息子の描く絵にもその予兆が現れ、絵の分析に乗り出すホラーサスペンス。予知絵という魅力的なキーワードに惹かれ手に取ったものの、なんだ?このドタバタカオスな展開😨とにかく展開も然り、登場人物もリアリティのない不自然なキャラばかりでツッコミどころ満載😅サラッと読めますがオススメ度は低め💦 …続きを読む
    ちーたん
    2019年10月04日
    70人がナイス!しています
  • 子どもの描く「予知絵」。児童画によるデスパターン。児童館ボランティアの万里は児童が描いた不吉な絵を見る、その児童は踏切事故で死亡。同じ学童ボラの啓子に児童画診断研究会に誘われ活動を開始。そして自分の息 子どもの描く「予知絵」。児童画によるデスパターン。児童館ボランティアの万里は児童が描いた不吉な絵を見る、その児童は踏切事故で死亡。同じ学童ボラの啓子に児童画診断研究会に誘われ活動を開始。そして自分の息子と同じパターンの絵を持つ子どもが次々と不幸に見舞われる。息子を救うために、デスパターンの解明に奔走するが!理屈的によくわからない現象なので入り込めない(笑)。万里が実家の定食屋をあまり手伝わずに、ボランティアや合気道や研究会に行っていたり(笑)。そして合気道の後輩が警官なのにストーカーになってしまったり…。 …続きを読む
    asa.com
    2019年09月08日
    25人がナイス!しています
  • もはや死を予知する子供が異常なのか、その絵を取り巻く環境下にいた大人達が異常なのか。死を予知する絵ではなく呼び込むとか囚われる、そんな非科学的な意味を持った子供の絵が異常なのか。ただ確かなことは、ショ もはや死を予知する子供が異常なのか、その絵を取り巻く環境下にいた大人達が異常なのか。死を予知する絵ではなく呼び込むとか囚われる、そんな非科学的な意味を持った子供の絵が異常なのか。ただ確かなことは、ショックが大きいということ。怖すぎる大人たちの豹変ぶり、まさかこれもあの絵が原因?無邪気な子供が何の気なしに描いた絵、その絵が災いを呼んでいるのか。自分の息子が描いた絵の中に死紋を見つけた母親は息子を守るため、調査に乗り出す。だが…。最後の数ページは混乱描写が怒涛に攻めてくるが、寧ろ混乱状態はこっちだと言いたい。 …続きを読む
    えみ
    2019年09月02日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品