男色大鑑 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年11月21日
商品形態:
電子書籍

男色大鑑

  • 著者 井原 西鶴
  • 訳者 富士 正晴
発売日:
2019年11月21日
商品形態:
電子書籍

日本近世文学の「異色」の最高傑作、初の文庫化。

江戸時代、武家社会を中心に男どうしの恋は公然のふるまいとされていた。そのなかでも王道の組み合わせは、おじさんと美少年である。三角関係のもつれ、容色の衰えによる歌舞伎若衆の悲劇や役者の苦労話……男たちの恋物語を西鶴が浮世草子に活写。美貌を誇った少年たちの末路は、恋に殉じての切腹や、この世の無常をはかなんだ出家しかないのか。近世文学「異色」の最高傑作、初の文庫化。上方文化に精通した小説家の抄訳版。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「男色大鑑」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読了:◎ 江戸時代の男色を中心に据えた浮世草子。武士編と歌舞伎若衆編がある。どちらも男同士の関係の心意気を書いている。武士編では命を賭しての恋のやりとりがあり、歌舞伎若衆編では役者ならではの苦悩や恋が 読了:◎ 江戸時代の男色を中心に据えた浮世草子。武士編と歌舞伎若衆編がある。どちらも男同士の関係の心意気を書いている。武士編では命を賭しての恋のやりとりがあり、歌舞伎若衆編では役者ならではの苦悩や恋が書かれている。どちらもがはかない恋の顛末多し。解説では現代のBLとこの作品とを比べ、女性による女性のための新鮮なファンタジーとなっていると語られていました。BLは結婚や出産からの女性の解放とありましたが今はオメガバースがあることを考えると、それも少し形態が変わってきたのではないかと思いました。 …続きを読む
    ハルト
    2020年01月09日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品