病気は社会が引き起こす インフルエンザ大流行のワケ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年12月07日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
224
ISBN:
9784040823072

病気は社会が引き起こす インフルエンザ大流行のワケ

  • 著者 木村 知
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年12月07日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
224
ISBN:
9784040823072

風邪でも絶対に休めない社会がインフルエンザの大流行を招いている

(目次 おもなもの)
はじめに ―202X年の医療現場

第1章 カゼでも絶対に休めない人へ
かかったかな、と思ったらすぐ受診? 
市販のカゼ薬は弱くない 
陰性判定がインフル流行を引き起こす 
テレビの情報バラエティで医療機関が大混乱 
夢の薬か? ゾフルーザ 
世界のタミフルの7割超が日本で 
皆勤賞、やめませんか 
休むことは罪悪か 
「インフルだったら休めるのですが、カゼだと休めないので」 

第2章  命の沙汰もカネ次第
いつでも、どこででも、だれでも医療が受けられる国
病院が早く退院させたがるワケ 
医療費亡国論の源流 
軽症者を大病院に行かせないために 
医療費抑制政策が過剰診療を誘発する 
国保財政をいかに守るか 
窓口負担は0にして
民間医療保険に入るべき? 

第3章  世界に誇れる? ニッポンの医療
全世代で高い貧困率 
弱肉強食か、支え合うか 
ハイパフォーマンス国家、日本 
酔っ払いに手術されてもいいですか 
医師の働き方改革 
もっと#8000を 
コンビニクリニックは医療難民の最後の砦 
猛暑五輪、行き場を失う熱中症患者 

第4章  健康自己責任論の正体
病気は公平に起こらない 
健康増進法は健康自己責任法 
日本のホームレスは贅沢なのか 
自助という言葉に要注意 
厳しい境遇ゆえのやっかみ 
不正受給よりも深刻な問題 
自己責任社会にとって不都合な制度 

第5章  困ったときはお互いさまの社会へ
老後2000万円問題 
消費税は財政健全化に寄与してきたのか 
内憂を外患でごまかすな
命を守るカネのために、命を守るカネを削る
不寛容ブーム 
人間の本性を直視するところから始めよう 
202X年の未来予想図

おわりに


メディアミックス情報

NEWS

「病気は社会が引き起こす インフルエンザ大流行のワケ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大学病院在籍中、職場のあまりのブラックぶりを告発したところあっさりクビとなった経歴を持つ著者による、医療の在り方に留まらない、病める日本への熱のこもった提言。某野党議員(当時)との交流もあるそうで、思 大学病院在籍中、職場のあまりのブラックぶりを告発したところあっさりクビとなった経歴を持つ著者による、医療の在り方に留まらない、病める日本への熱のこもった提言。某野党議員(当時)との交流もあるそうで、思想としては左に寄った理想主義ではあるが、概ね同意出来るものだった。何事においても、まずは自助を求めるのは当然だが、それは共助や公助を疎かにしてよい理由にはならない。風邪でも絶対に休めない社会こそが病んでいるのは間違いない。 …続きを読む
    活字スキー
    2020年03月04日
    32人がナイス!しています
  • プロローグで心底ビビった。風邪は健康保険適応外で処方箋は出ない。人工呼吸器が着くようになったら保険適応外で早く死ねと医者に言われる。 そんな未来が見える昨今の日本の医療。 でも、現状は風邪ひいてもそう プロローグで心底ビビった。風邪は健康保険適応外で処方箋は出ない。人工呼吸器が着くようになったら保険適応外で早く死ねと医者に言われる。 そんな未来が見える昨今の日本の医療。 でも、現状は風邪ひいてもそう簡単には休めない。インフルエンザだったらさすがに休むが、携帯電話とメールで仕事させられたかw 病欠しても電話は掛かって来て対応を求められる。そして、職場をパンデミックするそれが今の日本の社会。 このまじゃ、この国滅びるんじゃね? …続きを読む
    柏バカ一代
    2020年01月28日
    29人がナイス!しています
  • なぜ希望した人全員にPCR検査を実施すべきではないのか、なぜ日本でコロナウイルス感染症やインフルエンザの流行が広がるのか、これから日本はどういう社会を目指すのか、良くわかった。成る程、そう言う科学的論 なぜ希望した人全員にPCR検査を実施すべきではないのか、なぜ日本でコロナウイルス感染症やインフルエンザの流行が広がるのか、これから日本はどういう社会を目指すのか、良くわかった。成る程、そう言う科学的論理的な説明ならば十分納得できます。医療の問題も、日本の格差社会というか、今の多くの先進諸国が目指している新自由主義的価値観によるんだ。つまりは、このコロナウイルス感染症に晒されたことをきっかけに、お互い様の社会、みんなで助け合う優しい社会へ国家方針を転換すべきなのだと思う。最も大切なのは事実を知る事だと思う。 …続きを読む
    takeapple
    2020年03月14日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品