病気は社会が引き起こす インフルエンザ大流行のワケ

病気は社会が引き起こす インフルエンザ大流行のワケ 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年12月07日
商品形態:
電子書籍

病気は社会が引き起こす インフルエンザ大流行のワケ

  • 著者 木村 知
発売日:
2019年12月07日
商品形態:
電子書籍

風邪でも絶対に休めない社会がインフルエンザの大流行を招いている

(目次)
はじめに ~202X年の医療現場
第1章 カゼでも絶対に休めない人へ
第2章 いのちの沙汰もカネ次第
第3章 世界に誇れる? 日本の医療
第4章 健康自己責任論の正体
第5章 困ったときはお互いさまの社会へ
おわりに

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「病気は社会が引き起こす インフルエンザ大流行のワケ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 著者は、大学病院で内部告発して解雇された経歴を持つ医師。 貧困や不健康は個人の努力ではどうすることもできないもの。誰もが支える側、支えられる側のどちらにもなりうるなかで、国家の役割は社会保障と教育に手 著者は、大学病院で内部告発して解雇された経歴を持つ医師。 貧困や不健康は個人の努力ではどうすることもできないもの。誰もが支える側、支えられる側のどちらにもなりうるなかで、国家の役割は社会保障と教育に手厚く投資して個人の幸福を実現し活力を最大限に高めることにあるはず。 医療のサービスに格差を認め自己責任を強調しようとする政府への警戒感は伝わるものの、医療だけでなく政治にもテーマを広げてしまっていることと主張が主観に偏りがちなせいか、特定の党派の論考の焼き直しを読まされている感が最後まで拭えませんでした。 …続きを読む
    hatayan
    2020年07月06日
    52人がナイス!しています
  • 大学病院在籍中、職場のあまりのブラックぶりを告発したところあっさりクビとなった経歴を持つ著者による、医療の在り方に留まらない、病める日本への熱のこもった提言。某野党議員(当時)との交流もあるそうで、思 大学病院在籍中、職場のあまりのブラックぶりを告発したところあっさりクビとなった経歴を持つ著者による、医療の在り方に留まらない、病める日本への熱のこもった提言。某野党議員(当時)との交流もあるそうで、思想としては左に寄った理想主義ではあるが、概ね同意出来るものだった。何事においても、まずは自助を求めるのは当然だが、それは共助や公助を疎かにしてよい理由にはならない。風邪でも絶対に休めない社会こそが病んでいるのは間違いない。 …続きを読む
    活字スキー
    2020年03月04日
    34人がナイス!しています
  • プロローグで心底ビビった。風邪は健康保険適応外で処方箋は出ない。人工呼吸器が着くようになったら保険適応外で早く死ねと医者に言われる。 そんな未来が見える昨今の日本の医療。 でも、現状は風邪ひいてもそう プロローグで心底ビビった。風邪は健康保険適応外で処方箋は出ない。人工呼吸器が着くようになったら保険適応外で早く死ねと医者に言われる。 そんな未来が見える昨今の日本の医療。 でも、現状は風邪ひいてもそう簡単には休めない。インフルエンザだったらさすがに休むが、携帯電話とメールで仕事させられたかw 病欠しても電話は掛かって来て対応を求められる。そして、職場をパンデミックするそれが今の日本の社会。 このまじゃ、この国滅びるんじゃね? …続きを読む
    柏バカ一代
    2020年01月28日
    33人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品