光炎の人 上 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年09月21日
商品形態:
電子書籍

光炎の人 上

  • 著者 木内 昇
発売日:
2019年09月21日
商品形態:
電子書籍

技術の発展は、善か悪か――。直木賞作家が放つ問題作!

日露戦争の行方に国内の関心が集まっていた頃。徳島の貧しい農家に生まれた少年は、電気の可能性に魅せられていた。電気で人々の暮らしを楽にしたいという思いを胸に、少年は大きな一歩を踏み出す。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「光炎の人 上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 明治から大正に移る時代。徳島の煙草農家に生まれた音三郎が、持ち前の好奇心で日本の産業革命の一翼を担う大河ドラマだ。目に見えない<電気>というものに、途方もない可能性を感じる音三郎。徳島の煙草工場から大 明治から大正に移る時代。徳島の煙草農家に生まれた音三郎が、持ち前の好奇心で日本の産業革命の一翼を担う大河ドラマだ。目に見えない<電気>というものに、途方もない可能性を感じる音三郎。徳島の煙草工場から大阪へ渡り、家族経営の小宮山製造所で職工として働く。工場の面々、社長の小宮山、妻のお杵、研輔、信次朗、錫を求めて訪れた写真館の娘・おタツらの人間模様、好景気を背景に、日本の工業と資本主義が成熟していく様子が生き生きと描かれる。そして音三郎は無線電信機と出会い、大都伸銅へ転職して無線の開発に努める。下巻へ続く。 …続きを読む
    エドワード
    2019年10月05日
    24人がナイス!しています
  • 明治後期の電気技術に魅入られた技術者のお話。淡々と技術開発してると思いきやすごい年月が経ってたりしてそんなに時間かけてて大丈夫なのかなとびっくりしたり。人のために役立つものを作る技術という志が、自己顕 明治後期の電気技術に魅入られた技術者のお話。淡々と技術開発してると思いきやすごい年月が経ってたりしてそんなに時間かけてて大丈夫なのかなとびっくりしたり。人のために役立つものを作る技術という志が、自己顕示欲のための技術になっていくあたり。頭良いのか悪いのかわからんなって思った次第。下巻はもう少し明るい技術者人生になるのであろうか。#ニコカド2020 …続きを読む
    hironosnow
    2021年01月03日
    9人がナイス!しています
  • なかなかにゴツめの読み応え。一つの括りから出たはずなのに、また違う環境で括られていく。下巻で主人公がどう成長するか、没落してしまうのか、全く読めなくて凄く楽しみ。はじめはお堅い小説に感じていたが、いつ なかなかにゴツめの読み応え。一つの括りから出たはずなのに、また違う環境で括られていく。下巻で主人公がどう成長するか、没落してしまうのか、全く読めなくて凄く楽しみ。はじめはお堅い小説に感じていたが、いつの間にか前のめりな自分がいる。 …続きを読む
    こうちゃん
    2020年11月11日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品