デッドウォーター

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784041081969

デッドウォーター

  • 著者 永瀬 隼介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784041081969

獄中の男に復讐は可能か!?

18歳当時、5人の女性を強姦した上で殺し、死刑判決を受けた希代の殺人鬼・穂積壱郎。その彼を取材する事件ライターの加瀬隆史は、死を恐れないどころか超然とした雰囲気に包まれるその男に、次第にからめとられていく。そして突如、妻の隠された過去を知ることになり、獄中の穂積への復讐を決意する。拘置所の塀の向こうにいる“化け物”に、復讐する術はあるのか? コンクリートの厚い壁を隔てて繰り広げられる長編サスペンス。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「デッドウォーター」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 事件記者「加瀬」、半グレから足を洗おうとする「亮輔」、亮輔の転向を認めない「政春」、そして18歳で5人の強姦致死により獄につながれる「穂積」を軸に、終盤まで重苦しいまま物語は進む。大下某を批判するかの 事件記者「加瀬」、半グレから足を洗おうとする「亮輔」、亮輔の転向を認めない「政春」、そして18歳で5人の強姦致死により獄につながれる「穂積」を軸に、終盤まで重苦しいまま物語は進む。大下某を批判するかのような事件記者の矜持、ドラゴンを彷彿させる半グレと反社会勢力描写、拘置所と刑務官の日常と心理、著者が造型したサイコキラーの心性といったモチーフが濃密に詰め込まれ、400頁超の長編ながら息継ぎとなる章立てがない!私は結構しんどく感じさせられながらも、とにかく読まされた。(コメに続く) …続きを読む
    Katsuto Yoshinaga
    2019年09月07日
    6人がナイス!しています
  • ★★★★★ ★★★★★
    terukravitz
    2019年08月21日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品