デッドウォーター

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784041081969

デッドウォーター

  • 著者 永瀬 隼介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
480
ISBN:
9784041081969

獄中の男に復讐は可能か!?

18歳当時、5人の女性を強姦した上で殺し、死刑判決を受けた希代の殺人鬼・穂積壱郎。その彼を取材する事件ライターの加瀬隆史は、死を恐れないどころか超然とした雰囲気に包まれるその男に、次第にからめとられていく。そして突如、妻の隠された過去を知ることになり、獄中の穂積への復讐を決意する。拘置所の塀の向こうにいる“化け物”に、復讐する術はあるのか? コンクリートの厚い壁を隔てて繰り広げられる長編サスペンス。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「デッドウォーター」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 5人の女性を強姦し殺害した死刑囚、その独占取材に賭けるフリーライター、残留孤児三世の元半グレボクサー、新米刑務官と視点が切り替わり、どう繋がるのか気になりリーダビリティは頗る良い。 ただ、各人の接点と 5人の女性を強姦し殺害した死刑囚、その独占取材に賭けるフリーライター、残留孤児三世の元半グレボクサー、新米刑務官と視点が切り替わり、どう繋がるのか気になりリーダビリティは頗る良い。 ただ、各人の接点といいオチといい、伏線はカッチリ回収されてるものの、ご都合主義、無理筋感が過ぎるかな。面白いけど技巧に走りすぎた感。 …続きを読む
    at-sushi@球磨焼酎飲んで応援中
    2019年12月15日
    62人がナイス!しています
  • 2002年3月文藝春秋より単行本、2008年7月文春文庫に加筆修正して角川文庫。文春文庫で読了、再読。関東拘置所に拘置中の死刑囚・5人女性強姦殺人犯・穂積壱郎(父は病死、母は事件後自殺)。穂積を取材す 2002年3月文藝春秋より単行本、2008年7月文春文庫に加筆修正して角川文庫。文春文庫で読了、再読。関東拘置所に拘置中の死刑囚・5人女性強姦殺人犯・穂積壱郎(父は病死、母は事件後自殺)。穂積を取材するフリーライター・加瀬隆史(取材中に妻が穂積のレイプ被害者だったことが判明)。拘置所で穂積の隣室の村越巧(殺人未遂)と息子・亮輔(プロボクサー)。穂積担当の刑務官・白井透。恋人・吉本貴子を殺された成田聖司(警視庁警務部人事一課監察官)。加瀬は穂積事件に共犯者を疑うが。穂積の証言する《至高》の正体、黒幕は。 …続きを読む
    ゆりのき
    2020年02月12日
    20人がナイス!しています
  • 鬼畜とも思える犯人の心のよりどころ「至高」。犯人とジャーナリストと至高との関連性が気になって前半はもたついたものの、後半は一気読み。「俺様へっちゃらだぜ」とうそぶいてた犯人が、やらかしたことと同じくら 鬼畜とも思える犯人の心のよりどころ「至高」。犯人とジャーナリストと至高との関連性が気になって前半はもたついたものの、後半は一気読み。「俺様へっちゃらだぜ」とうそぶいてた犯人が、やらかしたことと同じくらい、いやそれ以上に奈落の底に落とされればいいのに‼」と思ってしまった。 …続きを読む
    のりすけ
    2020年03月14日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品