里山奇談 あわいの歳時記

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年10月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
200
ISBN:
9784041081914

里山奇談 あわいの歳時記

  • 著者 coco
  • 著者 日高 トモキチ
  • 著者 玉川 数
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年10月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
200
ISBN:
9784041081914

”生き物屋”たちが四季折々の里山で蒐集した不思議なお話。

桜祭りの帰り道に見た宙に浮く柔らかな光、川で投網を打っている人を襲った足元の砂の奇妙な動き、山道で「おおい、おおい」と呼びかけてくる声、憑物を籠めているという壺の秘密……不思議でどこか懐かしい短編集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「里山奇談 あわいの歳時記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 玉かんざし、鳥の墓…先の戦争の無念な思いと温かい人情との混ざる二話が印象的。おいぬ好かれ、予想外ラストに胸が…。全体に大変読み応えある生き物好き達が体験・見聞きした野山での奇談集第3弾。もしかしたら3 玉かんざし、鳥の墓…先の戦争の無念な思いと温かい人情との混ざる二話が印象的。おいぬ好かれ、予想外ラストに胸が…。全体に大変読み応えある生き物好き達が体験・見聞きした野山での奇談集第3弾。もしかしたら3弾目に取り掛かれるほどネタがなく、興味も失せてる書き手いないだろうか?理屈を述べ立てて字数稼ぎ結局あまり「奇」がなかったり、単に蘊蓄述べるだけだったり。それを他の人が補うとか抜けてもらうわけにはいかないのかな…本はいいのに濁り水ある印象 …続きを読む
    澤水月
    2019年11月29日
    13人がナイス!しています
  • フィールドワークによる生き物観察という共通の趣味を持つ三方が、それぞれに聴き込んだ、或いは自らの体験による、ちょっと不思議でちょっと薄ら怖ろしく、それでいてどこか懐かしいような温かさを感じる物語の、待 フィールドワークによる生き物観察という共通の趣味を持つ三方が、それぞれに聴き込んだ、或いは自らの体験による、ちょっと不思議でちょっと薄ら怖ろしく、それでいてどこか懐かしいような温かさを感じる物語の、待望の新作が登場。というワケで、coco氏・日高トモキチ氏・玉川数氏による共著『里山奇談~あわいの歳時記~』を読了。気付けばシリーズも早三冊目、正直こんなにロングセラーに続くシリーズになるとは思わなかったものの、それでも新作がと聞くと楽しみに待ち侘びている自分がいる。これからも定期的に書き綴っていって戴きたい。 …続きを読む
    みんち
    2019年11月09日
    13人がナイス!しています
  • このシリーズは初めて読んだが、怖い話はほとんど無くて、怪談より民話に近いような。奇談でもなく普通の話も散見されるし。ちなみに本書では人間以外の生き物をフィーチャーしているようだった。後書きにもあるよう このシリーズは初めて読んだが、怖い話はほとんど無くて、怪談より民話に近いような。奇談でもなく普通の話も散見されるし。ちなみに本書では人間以外の生き物をフィーチャーしているようだった。後書きにもあるように、大人になると子供の頃の生き物、特に虫とか、との距離感が失われるから、余計に新鮮に感じるところはあるかもしれない。 …続きを読む
    ぶうたん
    2019年11月21日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品