角川文庫

警視庁特殺 使徒の刻印

警察小説と本格ミステリのハイブリッド。ラストのどんでん返しに瞠目せよ!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041081679
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

警視庁特殺 使徒の刻印

警察小説と本格ミステリのハイブリッド。ラストのどんでん返しに瞠目せよ!

  • 著者 吉田 恭教
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041081679

警察小説と本格ミステリのハイブリッド。ラストのどんでん返しに瞠目せよ!

警視庁「特殺」。猟奇殺人等、通常とは一線を画す「特殊殺人」が集まる、
捜査一課来生班の略称だ。
中でも佐倉智孝は、強引な捜査手法で物議を醸す若手刑事。
元同僚で犯罪ジャーナリストの有働佳祐は、危うげな彼が心配で仕方ない。
ある日、手首を鎖で繋がれた焼死体が発見される。
続く被害者の背中には、「使徒」を意味する焼印が押されていて……。

孤高の刑事と犯罪ジャーナリストが難事件に挑む、
警察小説と本格ミステリのハイブリッド!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「警視庁特殺 使徒の刻印」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ゲラ読了。事件の内容はなかなかハードで、つい最近起こった実際にあった事件を思い起こすシーンがあって、辛かった。謎の解明のキーアイテムにはかなり和んだ。初読みの作家さんだったので他著も読んでみたくなった ゲラ読了。事件の内容はなかなかハードで、つい最近起こった実際にあった事件を思い起こすシーンがあって、辛かった。謎の解明のキーアイテムにはかなり和んだ。初読みの作家さんだったので他著も読んでみたくなった。 …続きを読む
    itoko♪
    2019年05月11日
    46人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品