角川文庫

警視庁特殺 使徒の刻印

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041081679
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

警視庁特殺 使徒の刻印

  • 著者 吉田 恭教
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041081679

警察小説と本格ミステリのハイブリッド。ラストのどんでん返しに瞠目せよ!

警視庁「特殺」。猟奇殺人等、通常とは一線を画す「特殊殺人」が集まる、
捜査一課来生班の略称だ。
中でも佐倉智孝は、強引な捜査手法で物議を醸す若手刑事。
元同僚で犯罪ジャーナリストの有働佳祐は、危うげな彼が心配で仕方ない。
ある日、手首を鎖で繋がれた焼死体が発見される。
続く被害者の背中には、「使徒」を意味する焼印が押されていて……。

孤高の刑事と犯罪ジャーナリストが難事件に挑む、
警察小説と本格ミステリのハイブリッド!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「警視庁特殺 使徒の刻印」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 吉田さんらしさが光る、一冊。極悪非道、残忍な焼殺事件、先の読めない展開、想像がつかない吉田さんならではの斬新なトリックと、やっぱり至るところに“らしさ”が光る。今回もテンポよく一気読みで楽しめた。常に 吉田さんらしさが光る、一冊。極悪非道、残忍な焼殺事件、先の読めない展開、想像がつかない吉田さんならではの斬新なトリックと、やっぱり至るところに“らしさ”が光る。今回もテンポよく一気読みで楽しめた。常に思うけれど自己中心的な考え、これが減れば世の中の犯罪もグンと減るんだろうな。ところどころにちょこんと挿入される、あの癒しが良い。そして何よりこの二人のコンビが良い。お互いの性格を熟知し、気づかう関係に好感が持てる。そしてこの終わり方はめちゃくちゃ好み。こちらもシリーズ化希望。 …続きを読む
    ちょろこ
    2019年05月31日
    105人がナイス!しています
  • 警視庁刑事と元同僚で犯罪ジャーナリストのコンビがすごくイイ。キャラもたっていた!犬好きってことも◎テンポもよく最後まで飽きずに読めたし設定もなかなか面白かった!コンビのかたわれの「有働」の変身を想像す 警視庁刑事と元同僚で犯罪ジャーナリストのコンビがすごくイイ。キャラもたっていた!犬好きってことも◎テンポもよく最後まで飽きずに読めたし設定もなかなか面白かった!コンビのかたわれの「有働」の変身を想像すると笑ってしまう…それ、よけいに目立ってるし〜そんなヘアースタイルの刑事いないし〜とツッコミを入れつつクスッと笑いながらも残忍な二つの事件の関連性がどうつながっていくのか先が気になって一気に読んだ!この警察小説面白い!ぜひ、シリーズ化して欲しい作品です♬文庫書き下ろし♬ …続きを読む
    momi
    2019年06月19日
    50人がナイス!しています
  • 吉田恭教さんの書き下ろし文庫。主人公は捜査一課の若手刑事 佐倉と元同僚・現犯罪ジャーナリストの有働のコンビ。手首を鎖で繋がれた焼死体が続けて発見されるというおぞましい事件から始まり、犯人探しのミステリ 吉田恭教さんの書き下ろし文庫。主人公は捜査一課の若手刑事 佐倉と元同僚・現犯罪ジャーナリストの有働のコンビ。手首を鎖で繋がれた焼死体が続けて発見されるというおぞましい事件から始まり、犯人探しのミステリーへ。事件やトリックよりコンビが良くてそこを楽しんでしまいました。この作品の前に読んだ赤松利市さんのインパクトが強く、イマイチ、乗り切れず読了まで時間がかかり残念でした。 …続きを読む
    ナミのママ
    2019年06月14日
    50人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品