試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年09月13日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
176
ISBN:
9784041081563

子育てとばして介護かよ

  • 著 島影 真奈美
  • イラスト・マンガ 川
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年09月13日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
176
ISBN:
9784041081563

仕事はやめない、同居もしない。 今の暮らしを変えずに親の介護は可能?

育児未経験者による“いきなり介護”の日々は、他人事ではない!―酒井順子(エッセイスト)

31歳で結婚し、仕事に明け暮れた日々。33歳で出産する人生設計を立てていたけれど、気づけば40代に突入! 出産するならもうすぐリミットだし、いろいろ決断し時だな――と思った矢先、なんと義父母の認知症が立て続けに発覚。
仕事の締め切りは待ったなしだし、なんとなくはっきりしない夫の言動にやきもきするし……。そんな現実に直面した著者が、ついに立ち上がる。

久しぶりに会った親が「老いてきたなぁ」と感じた人は必読。
仕事は辞めない、同居もしない。いまの生活に「介護」を組み込むことに成功した著者の、笑いと涙の「同居しない」介護エッセイ。

もくじ

■第1章 義母からの電話
あの子、きちんと家に帰ってきてる?/知らない女性が勝手に出入りしているの/おとうさんは、その女の人を見たことがありますか?/お正月のおせちが机の上にあります/じつは訪問させていただいておりました
■第2章 介護のキーパーソンになる!
賢明な判断だと思うよ/お医者さまもお聞きにならなかったもの/あんまり帰りが遅いから駅まで迎えに行ったのよ/人を試すような質問は好きではありません/将来を考えると、今から慣れておくといいんですって/出かける用事があるから、来てもらっても困ります/うちではそういった対応はしません
■第3章 認定調査を受ける
戦友ができたような、心強い気持ちでおります/時折、便も漏れております/お弁当なんていらないんじゃないかしら?/おいしいもの、いっぱい食べられるといいね!/わたしが作る料理のほうが豪華だと思うのよ/おとうさまのお薬が行方不明です/要介護1、とれました!!
■第4章 介護サービス本稼働!
うちの親、お金はけっこう持っているはずだから/ダメだったら、ここから信用を積んでいくしかない/ペットボトルの水は割高なのでいりません/他人の世話になるのも『慣れ』が必要です/すぐに対応するのは難しそうです
■高室先生のコラム (1)意外と気づけない、認知症のサイン/(2)ケアマネジャーの選び方/(3)「介護する側」の負担を減らすためにできること
■おわりに


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「子育てとばして介護かよ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • たまたま図書館で見つけて読みました。 両親はもういませんが、介護が必要な状況であれば、もしかしたら同じようにバタバタしていたかもしれません。 ひとりで頑張らずに助けを求めること、とか大切なことがわかり たまたま図書館で見つけて読みました。 両親はもういませんが、介護が必要な状況であれば、もしかしたら同じようにバタバタしていたかもしれません。 ひとりで頑張らずに助けを求めること、とか大切なことがわかりました。 …続きを読む
    Iso
    2019年10月21日
    10人がナイス!しています
  • 子供を授からないまま義父母の介護をすることになった著者。そのご両親の状態は我が家の5年前とよく似ています。老夫婦ともに認知症なのです。健康保険証等の大事な書類を探すににどれだけ時間がかかったか…我が家 子供を授からないまま義父母の介護をすることになった著者。そのご両親の状態は我が家の5年前とよく似ています。老夫婦ともに認知症なのです。健康保険証等の大事な書類を探すににどれだけ時間がかかったか…我が家は隣に住んでいるのでヘルパーさんを頼まなくても済みますが、通いの介護は大変でしょうね。認知症の親の対応は慣れてくれば簡単です。本人が憶えていないのだからこちらも知らないふりしてごまかして終わり(汗) …続きを読む
    めえめえ
    2020年03月05日
    8人がナイス!しています
  • それ程近しい間柄では無かった義理の両親が、共に認知症になってしまってからの介護を綴ったエッセイ。仕事と勉強に忙しくてる間に、子どもができる前に介護とは…。でも、恨み節でもなく、すごいバイタリティで介護 それ程近しい間柄では無かった義理の両親が、共に認知症になってしまってからの介護を綴ったエッセイ。仕事と勉強に忙しくてる間に、子どもができる前に介護とは…。でも、恨み節でもなく、すごいバイタリティで介護の道を突き進む島影さんがすごい。やり過ぎ感も大きいが、「情報を人づてに知るよりも、自ら把握できた方がストレスは少ない」のは、私も同じ。冠婚葬祭など大嫌いだが、どうせやらなきゃいけないのなら、どうやるか知っておきたいと思うタイプなので、何だか身につまされた。両親も80を超えた事だし、覚悟は持っておかないと…。 …続きを読む
    ねここ
    2020年03月09日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品