サブスクリプション 製品から顧客中心のビジネスモデルへ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年07月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
288
ISBN:
9784040822990

サブスクリプション 製品から顧客中心のビジネスモデルへ

  • 著者 雨宮 寛二
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年07月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
288
ISBN:
9784040822990

消費者に購入を促す時代は終焉を迎えようとしている。

【主な内容】
第I章 所有から利用へ ――サブスクリプション時代の到来
 利用する消費行動の最上位に位置するサブスク3.0
 サブスク・コマースで成功する条件
 継続購入に成功しているサブスク
 顧客ファーストのサービスでV字回復
 サブスクシフトで復活した老舗メガテック企業

第II章 サブスクリプション・エコノミーの創出 ――デジタル化と融合するサブスク
 サブスクリプション・エコノミーを促進する要因
 シェアリング・サービスの基盤となるサブスク
 プラットフォーム型事業を展開する行動戦略
 ネットフリックスのSVOD戦略
 Amazon プライム・ビデオのコンテンツ戦略

第III章 米国を席巻するサブスク・ボックスの波 ――製品中心から顧客中心へ
 ミールキットサブスクの成長戦略
 バーチボックスのキュレーション型サブスク戦略
 ダラーシェイブクラブの価格転嫁戦略
 スティッチフィックスのデータ主導型モデル
 ショッパーを活用したインスタカートの戦略

第IV章 未来社会に広がる成長機会 ――新たなる成長機会を捉えるサブスク
 肩車社会で企業は消費需要をいかにして取り込むのか?
 日本は階層帰属意識の分散傾向が強まり格差社会が進展
 AI実用化で産業構造が変わる
 スマート化が期待される分野
 自動化は人類に何をもたらすのか?

第V章 モノを売る時代の終焉 ――すべての消費を飲み込むサブスク
 自動車産業の新たなる競争領域の創出
 コンテンツ業界で革新的な流れを生み出すサブスク 
 サブスクへの移行が進むゲーム市場
 データドリブンで会員を集める外食産業
 未来の暮らしに不可欠となる究極のサブスク・モデルとは?


メディアミックス情報

NEWS

「サブスクリプション 製品から顧客中心のビジネスモデルへ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2019年。「所有から利用への変化。」自分は物欲が強くて、ポチる瞬間のモチベーションが最高というタイプで、選んでいるのが楽しいのだが、最近は「選択するという手間解消」してうれしい人がいるというのが驚き 2019年。「所有から利用への変化。」自分は物欲が強くて、ポチる瞬間のモチベーションが最高というタイプで、選んでいるのが楽しいのだが、最近は「選択するという手間解消」してうれしい人がいるというのが驚き。故にサブスク2.0までは理解できるが、3.0とかサブスクボックスはよくわからない。あと「加入前のフェーズと加入後のフェーズ」を考えるのは重要そう。前者に力を入れがちだが後者がないと続かない。「その商品を利用した後で自分の生活が変わったと感じ取ってもらうこと(略)このたいけんこそがサブスクコマースでは大切。」 …続きを読む
    たいそ
    2019年09月23日
    3人がナイス!しています
  • ★4 今、旬のサブスクリプション。歴史から今の最新の物まで。個人的に格差社会の話は、とても興味深かった。格差が広がるので消費財メーカーも売り方を変えて来ている。電子政府がしっかりしたものになると、富の ★4 今、旬のサブスクリプション。歴史から今の最新の物まで。個人的に格差社会の話は、とても興味深かった。格差が広がるので消費財メーカーも売り方を変えて来ている。電子政府がしっかりしたものになると、富の分配も少しは変わってくるんだろうか。 …続きを読む
    アルミの鉄鍋
    2019年09月17日
    1人がナイス!しています
  • ★★2.0を先に読んだので、書いてあることがキントなどあるものの先行するアメリカ中心でとっつきにくかった ★★2.0を先に読んだので、書いてあることがキントなどあるものの先行するアメリカ中心でとっつきにくかった
    k_jizo
    2019年09月10日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品