うちの父が運転をやめません

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年02月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784041079706

うちの父が運転をやめません

  • 著者 垣谷 美雨
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年02月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784041079706

お父さん、何歳まで運転するつもり? 「わしは死ぬまで運転する!」

「また高齢ドライバーの事故かよ」。猪狩雅志はテレビニュースに目を向けた。そして気づく。「78歳っていえば......」。雅志の父親も同じ歳になるのだ。「うちの親父に限って」とは思うものの、妻の歩美と話しているうちに不安になってきた。それもあって夏に息子の息吹と帰省したとき、父親に運転をやめるよう説得を試みるが、あえなも不首尾に。通販の利用や都会暮らしのトライアル、様々な提案をするがいずれも失敗。そのうち、雅志自身も自分の将来が気になり出して......。果たして父は運転をやめるのか、雅志の出した答えとは?心温まる家族小説!


メディアミックス情報

NEWS

「うちの父が運転をやめません」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 独居の母の免許証返納を思い出した。「運転出来ることが自信になっていた。」母の言葉は痛いほど伝わっていたけれど、何かあってからでは遅いのだ・・それは先々の自分の事でもある。車がないと買い物だけでなく用事 独居の母の免許証返納を思い出した。「運転出来ることが自信になっていた。」母の言葉は痛いほど伝わっていたけれど、何かあってからでは遅いのだ・・それは先々の自分の事でもある。車がないと買い物だけでなく用事が済まない。○協は利用している。路線バスもまだ走ってる。田舎に住む人間の現実問題がこの作品にはあった。ちょっと綺麗に結び過ぎてはいるものの、垣谷さんのタイトルはいつながらそそられる。面白く一気に読了。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2020年03月20日
    219人がナイス!しています
  • 父の晩年を思い出しながらの読書でした。車庫入れに失敗して傷が付いた車、結局免許は返納しなくて車を妹に譲って乗らないようにさせたのですが。田舎の車がないと生活が不自由になる地域では高齢化と過疎化のダブル 父の晩年を思い出しながらの読書でした。車庫入れに失敗して傷が付いた車、結局免許は返納しなくて車を妹に譲って乗らないようにさせたのですが。田舎の車がないと生活が不自由になる地域では高齢化と過疎化のダブルパンチ。この本のようにキレイな結末ならば言うことないのですが。 …続きを読む
    ゆみねこ
    2020年03月20日
    149人がナイス!しています
  • 頻繁にニュースになる高齢者ドライバーの事故だが免許返納すれば解決するといった簡単な話ではない事を本作では思い知らされる。都会ならまだしも過疎化する田舎で公共交通機関も赤字の為に減少、結果、「買い物難民 頻繁にニュースになる高齢者ドライバーの事故だが免許返納すれば解決するといった簡単な話ではない事を本作では思い知らされる。都会ならまだしも過疎化する田舎で公共交通機関も赤字の為に減少、結果、「買い物難民」となり生きて行く上で必要最低限な食糧を調達する為の手段として車は必需品。親を心配し口煩く言う息子、車の運転をやめたくない父、それぞれに共感する部分があって一概に何が正解かなんて言えない。誰もがいつかは高齢者になる事を皆が気付き温かい目線で解決に導ける世界であって欲しい。主人公・雅志の決断とラスト一行に拍手。 …続きを読む
    四つ葉🍀
    2020年03月06日
    144人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品