うちの父が運転をやめません

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年02月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784041079706

うちの父が運転をやめません

  • 著者 垣谷 美雨
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年02月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784041079706

お父さん、何歳まで運転するつもり? 「わしは死ぬまで運転する!」

「また高齢ドライバーの事故かよ」。猪狩雅志はテレビニュースに目を向けた。そして気づく。「78歳っていえば......」。雅志の父親も同じ歳になるのだ。「うちの親父に限って」とは思うものの、妻の歩美と話しているうちに不安になってきた。それもあって夏に息子の息吹と帰省したとき、父親に運転をやめるよう説得を試みるが、あえなも不首尾に。通販の利用や都会暮らしのトライアル、様々な提案をするがいずれも失敗。そのうち、雅志自身も自分の将来が気になり出して......。果たして父は運転をやめるのか、雅志の出した答えとは?心温まる家族小説!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「うちの父が運転をやめません」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 高齢者が運転する車の事故のニュースを目にするたび、故郷の父が心配になる雅志、赤字の路線バスが廃止され、プライドでもなく、車がなければ買い物もできない田舎生活。忙しい仕事とマンションのローンでがんじがら 高齢者が運転する車の事故のニュースを目にするたび、故郷の父が心配になる雅志、赤字の路線バスが廃止され、プライドでもなく、車がなければ買い物もできない田舎生活。忙しい仕事とマンションのローンでがんじがらめの主人公に同情していた前半。けれど、買い物にいけない老人が多いなら、移動販売をすることは人助けになると一念発起する後半。自分の裁量や工夫でで売り上げを増やし、両親や客に感謝される仕事に汗を流す。両親や息子を持つ同世代の自分から見て、そんな雅志の生き方がうらやましくなった。面白かったです。#ニコカド2020 …続きを読む
    ウッディ
    2020年11月22日
    448人がナイス!しています
  • 高齢ドライバーの話だけかと思ったら、過疎や買い物難民など、様々な現代の問題も散りばめられ、意外に深い内容の小説でした。 田舎の便利と都会の便利に求められるものの差、通販に求めるレベルも異なり、田舎にお 高齢ドライバーの話だけかと思ったら、過疎や買い物難民など、様々な現代の問題も散りばめられ、意外に深い内容の小説でした。 田舎の便利と都会の便利に求められるものの差、通販に求めるレベルも異なり、田舎における不便の解消の根深さを感じる。 そして田舎におけるヒマワリ号の取り組み、そこで働くことを決断した主人公、そこに引っ張られて、変わる家族、変わる環境。 その中で新しいことに挑戦してみたくなった息子さんに拍手! そして助手席予約ノート、楽しい試み、常に予約は満杯でしょうか? ホッコリさせてもらいました。 …続きを読む
    たかし
    2020年05月08日
    400人がナイス!しています
  • スピーディーな展開。相変わらず一気読み。年老いた父親の運転が気になる50代のサラリーマン。一人息子が田舎を気に入っている様子が序盤で描かれ展開が予測できます。田舎のよさも困難さもよく分かります。若者達 スピーディーな展開。相変わらず一気読み。年老いた父親の運転が気になる50代のサラリーマン。一人息子が田舎を気に入っている様子が序盤で描かれ展開が予測できます。田舎のよさも困難さもよく分かります。若者達一度は都会を目指すのです。ふるさとに戻ってくるかどうかは、人との繋がりがどれだけ残っているかなのかも知れない。周りの若者が生家の跡取りになるかならないかは、両親との関係が深いかも知れません。移動販売の仕事はこれからも増えてくるかも。人生百年時代、新たな移動手段やコミュニケーションを感じさせました。 …続きを読む
    ゆきねこ
    2021年12月19日
    351人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品