第4回角川文庫キャラクター小説大賞・大賞

角川文庫

ネガレアリテの悪魔 贋者たちの輪舞曲

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041079553
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

第4回角川文庫キャラクター小説大賞・大賞

角川文庫

ネガレアリテの悪魔 贋者たちの輪舞曲

  • 著者 大塚 已愛
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041079553

第4回角川文庫キャラクター小説大賞大賞受賞作!少女×人外の冒険が始まる

ロシアで発見されたルーベンスの新作。それを「贋作」と断じる美貌の青年との出会いが、エディスを贋作に宿る怪物との戦いに巻き込んでいく。19世紀末の英国を舞台に繰り広げられる、絵画を巡る冒険活劇!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ネガレアリテの悪魔 贋者たちの輪舞曲」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 貴族だけれど、自分の出生に悩むヒロインのエディスと、記憶を奪われた謎の美青年サミュエルが主人公ですが、半端なく非凡な二人が魅力的! 様々な要素が盛り盛りで贅沢な読書でした。続編ありきの作りなので、調和 貴族だけれど、自分の出生に悩むヒロインのエディスと、記憶を奪われた謎の美青年サミュエルが主人公ですが、半端なく非凡な二人が魅力的! 様々な要素が盛り盛りで贅沢な読書でした。続編ありきの作りなので、調和的なラストでは無かった分、次こそは二人とも幸せになってほしい~。 …続きを読む
    ダージリン
    2019年06月01日
    39人がナイス!しています
  • 19世紀末、ロンドンの画廊で展示されたルーベンス未発表の真作。その絵に目を奪われたエディスが「贋作」と断言する美貌の青年・サミュエルと運命の出会いを果たすファンタジー。訳ありな貴族の娘・エディスと、絵 19世紀末、ロンドンの画廊で展示されたルーベンス未発表の真作。その絵に目を奪われたエディスが「贋作」と断言する美貌の青年・サミュエルと運命の出会いを果たすファンタジー。訳ありな貴族の娘・エディスと、絵より現れた異形の怪物から彼女を救ったサミュエル。ジョン・ラスキンやヴィクトリア女王など実在の人物も絡めつつ、サミュエルと宿敵・ブラウンの贋作に宿る怪物を巡る戦いを描く展開でしたけど、虚構も織り交ぜながら展開されるストーリーはなかなか面白かったですね。未だ謎多きサミュエルとエディスの物語をまた読んでみたいです。 …続きを読む
    よっち
    2019年05月22日
    34人がナイス!しています
  • 絵画をテーマにしたファンタジーで、舞台が19世紀末のロンドン。絵画と英国史の薀蓄がさりげなくも丁寧に書き込まれているので、どれが実在する絵画で、どこまでが史実で、ファンタジーなのはどこからなのかという 絵画をテーマにしたファンタジーで、舞台が19世紀末のロンドン。絵画と英国史の薀蓄がさりげなくも丁寧に書き込まれているので、どれが実在する絵画で、どこまでが史実で、ファンタジーなのはどこからなのかという境界が、まったくわからないまま読了した。気になるところは後で調べてみようと思うけれど、そのわからなさが楽しめる作品だ。キャラクターも魅力的で、とくにヒロインのまっすぐさというか、自らの目で見たものを自らの気持ちで判断できるところ、危うい感じもあるし実際に怖い体験をしてるけれど、とても好感が持てた。乞う続編。 …続きを読む
    瀧ながれ
    2019年05月16日
    31人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品