帝都つくもがたり

第4回角川文庫キャラクター小説大賞・読者賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041079522

第4回角川文庫キャラクター小説大賞・読者賞

帝都つくもがたり

  • 著者 佐々木匙
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041079522

第4回角川文庫キャラクター小説大賞〈読者賞〉受賞作!凸凹コンビの怪異譚

舞台は昭和初期の帝都・東京。酒浸りで怖がりの文士・大久保と、腐れ縁の記者・関が、怪談を集めるべく東奔西走。百物語にはどこか足りない、日常の中に潜む怪異巡りの日々が始まる――凸凹コンビの怪異譚!

メディアミックス情報

NEWS

「帝都つくもがたり」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★「書店員支持NO.1!!」の帯に惹かれて購入。確かに面白かった!舞台は昭和初期の帝都・東京。酒浸りで気鬱持ちの作家・大久保が、大学時代の友人であるドライ&強引な新聞記者・関に頼まれ「怪談集め」 ★★★★「書店員支持NO.1!!」の帯に惹かれて購入。確かに面白かった!舞台は昭和初期の帝都・東京。酒浸りで気鬱持ちの作家・大久保が、大学時代の友人であるドライ&強引な新聞記者・関に頼まれ「怪談集め」を手伝うことに。2人が出会う日常の怪異はどれも面白く、ゾクリとしたり切なかったり。それだけではなく、大久保と関が抱えているものを絡めての展開は作品に深みを与えている。特に関の思いが吐露される最終話にじーんときた♪つくも(九十九)がたりだけに二人の奔走は続くだろう。続編も出ているので楽しみ♪ #二コカド2020 …続きを読む
    ★Masako★今月もゆるゆる読書📖
    2020年12月15日
    75人がナイス!しています
  • 売れない作家の大久保は大学からの腐れ縁である新聞記者・関の怪談集めに「怖がり役」として協力させられることに。気が合うんだか合わないんだか分からないこの二人。けれど、何だかんだでいいコンビなのかも。一見 売れない作家の大久保は大学からの腐れ縁である新聞記者・関の怪談集めに「怖がり役」として協力させられることに。気が合うんだか合わないんだか分からないこの二人。けれど、何だかんだでいいコンビなのかも。一見冷たそうに見える関が、意外と情に厚いところが良かった。二人が出会う怪談、そこにあった誰かの想い。歪んだものもあれば、一途で真っ直ぐなものも。ドロッとしたものも嫌いではないけれど、好きだったのは後者の「炎のあわい」。一話一話が短いので読みやすいけど、少し物足らないところも。もう少し長い話を読んでみたかったかな。 …続きを読む
    2019年07月22日
    56人がナイス!しています
  • ★★★★☆さわさわと妖しくも悲しい怪異が近づく。昭和初期の東京を舞台に売れない小説家大久保が押しの強い新聞記者の関に連れられて怪談を聞きに行く連作短編集。記事を書くのは新聞記者の関、大久保はただの『怖 ★★★★☆さわさわと妖しくも悲しい怪異が近づく。昭和初期の東京を舞台に売れない小説家大久保が押しの強い新聞記者の関に連れられて怪談を聞きに行く連作短編集。記事を書くのは新聞記者の関、大久保はただの『怖がり役』という設定に最初はユーモア怪異談かと思ったのだが、一作一作の話が深い。そして二人の性格や関係性が徐々に掘り下げられていき、なんとも味わい深いホラー作品であった。怪談と言えば夏のイメージだが、雰囲気的にこの時期に読んで正解だったかも。とてもとても綺麗にまとまっていたので続編を読む事は躊躇中。(16) …続きを読む
    Zann
    2021年02月11日
    39人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品