逃げ出せなかった君へ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月30日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041079454

逃げ出せなかった君へ

  • 著者 安藤 祐介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月30日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041079454

働くことを通して生きるとは何かを問う。命と仕事の6つの物語。

ブラック企業に入社した三人の同期、大友、夏野、村沢。早朝から深夜まで個人宅や企業への飛び込み営業を命じられ、休む間もなく会社に泊まり込む毎日。心身共に疲弊しきった三人は、ある日思い立って深夜の居酒屋に向かう。非人間的な毎日のなか、一杯の生ビールで久しぶりに人間らしく笑い合えた三人だったが、極悪上司に目を付けられて過酷な追い込みにあった夏野は――。
やる気のない居酒屋のアルバイター、定年の日を迎えた男、暴走しがちな池袋警察署交通課員……。夏野の選択はすれ違うだけのはずだった人々の人生をも変えていく。
『本のエンドロール』で大注目の著者が描く、命と仕事の6つの物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「逃げ出せなかった君へ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ブラック企業と言う言葉を初めて聞いたのはいつ頃だったろうか。それでも、『正社員』に惹かれて入社してしまった同期3人の若者。3年頑張れば・・1年は・・いやいや逃げなさい!これでもかというほど罵倒され酷使 ブラック企業と言う言葉を初めて聞いたのはいつ頃だったろうか。それでも、『正社員』に惹かれて入社してしまった同期3人の若者。3年頑張れば・・1年は・・いやいや逃げなさい!これでもかというほど罵倒され酷使されそして命をすり減らし、その中の優しい男・夏野が自死する。あれから8年。それぞれ違う人生を歩んでいた。私は夏野の父の立場で苦しく読んだが、これは社会で働くすべての人に読んで欲しい。「まだまし・・」と思っている貴方、大丈夫?あの日3人で呑んだ世界一美味しいビールを思うと泣けました。優しさは弱さですかー …続きを読む
    いつでも母さん
    2019年05月02日
    252人がナイス!しています
  • ブラック企業で休みもなく働かされ、罵倒され続ける3人の同期の一人夏野が自殺する。それを止められなかった残された二人の後悔、殺伐とした日々の中で飲んだ一杯のビールの美味さで生き方を変える居酒屋店長、自殺 ブラック企業で休みもなく働かされ、罵倒され続ける3人の同期の一人夏野が自殺する。それを止められなかった残された二人の後悔、殺伐とした日々の中で飲んだ一杯のビールの美味さで生き方を変える居酒屋店長、自殺現場に直行できなかった警察官、夏野の音楽で人生が変わった女性教師、奇跡のようにつながって行く物語が切なく、心を温かくする。何より「優しい人になれ」と言って育てた夏野の父の後悔が心に沁みました。命よりも大事なものなんてない、辛い時は逃げても良いという著者のメッセージが込められた一冊でした。とても面白かったです。 …続きを読む
    ウッディ
    2019年07月13日
    195人がナイス!しています
  • まだブラック企業という言葉が浸透していなかった頃に入社した3人の同期。各章が微妙に繋がる連作。3年勤めあげればどこでも何でもできるは魔法の言葉。その前に身体、精神が悲鳴をあげる。成果があげられなければ まだブラック企業という言葉が浸透していなかった頃に入社した3人の同期。各章が微妙に繋がる連作。3年勤めあげればどこでも何でもできるは魔法の言葉。その前に身体、精神が悲鳴をあげる。成果があげられなければ罵倒され人格まで否定される。今ではパワハラだのうるさくなったからだいぶ改善されたけど以前は確かに結構あった。そして周りももう少し頑張ってみろという叱咤激励だった。そう「逃げ」てもよかったんだ!夏野の父親の気持ちが痛いほどわかる。そして「人生で2番目に旨いビール」とタイミングよく流れる「ピアノマン」に涙した。 …続きを読む
    モルク
    2019年07月05日
    189人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品