マンダラを生きる 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年06月15日
商品形態:
電子書籍

マンダラを生きる

  • 著者 正木 晃
発売日:
2021年06月15日
商品形態:
電子書籍

密教が創造した究極のアイテム。日本で独自の発展を遂げたその世界に迫る。

密教が創造した究極のアイテム・マンダラ。最高の真理を視覚で伝えるために開発されたといわれ、人々に無上の安らぎをもたらすとされてきた。日本では空海が唐から持ち帰って以来、自然観を反映した多種多様なものが誕生した。緑豊かな寺社の風景や鹿の姿が描かれたほか、最近は受精卵を中心とする生命の繋がりを表現する「生命誌マンダラ」など、可能性はさらに広がっている。日本で独自の発展を遂げたマンダラの世界に迫る。
紙版に掲載の「付録 マンダラ塗り絵」は、電子版には収録されておりません。

メディアミックス情報

NEWS

「マンダラを生きる」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • なぜマンダラか:美術作品ではない 自然界 仏教の叡智と欧米の精神医学 マンダラとユング 密教の歴史―マンダラが生み出された背景:密教・密蔵・真言乗・金剛乗 現生に肯定的 神秘主義 神秘体験と瞑想 象徴 なぜマンダラか:美術作品ではない 自然界 仏教の叡智と欧米の精神医学 マンダラとユング 密教の歴史―マンダラが生み出された背景:密教・密蔵・真言乗・金剛乗 現生に肯定的 神秘主義 神秘体験と瞑想 象徴を駆使  自然との一体化―胎蔵マンダラの世界:ブッダは世界に無関心 自然も成仏 日本・自然そのものがマンダラ 心身の一体化:金剛界マンダラ 五相成身観 マンダラ瞑想法 むすびつけるということ:統合 恵果が統合 空海のマンダラ論 両立という選択 両部不二 わたしたちはどう生きるべきか:マンダラ塗り絵 …続きを読む
    Go Extreme
    2021年07月05日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品