角川ホラー文庫

妖奇庵夜話 誰が麒麟を鳴かせるか

榎田ユウリ×中村明日美子が送る最強あやかし探偵小説、待望の最新刊!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041078563
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ホラー文庫

妖奇庵夜話 誰が麒麟を鳴かせるか

榎田ユウリ×中村明日美子が送る最強あやかし探偵小説、待望の最新刊!

  • 著者 榎田 ユウリ
  • イラスト 中村 明日美子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041078563

榎田ユウリ×中村明日美子が送る最強あやかし探偵小説、待望の最新刊!

ヒトと僅かに異なる存在、妖人。
SNSで妖人差別発言を繰り返していた男が殺された。
遺体には、刃物で刻まれた謎のメッセージ。
刑事の脇坂は、被害者と関わりのあった妖人団体を訪ね、沖縄へ飛ぶ。
捜査線上に浮かんだ宗教団体では、17歳の美少女が《麒麟》として崇拝を受けていた。
けれど洗足伊織は、妖人・麒麟の存在をきっぱり否定、
彼女が洗脳されている可能性を示唆し……。

クライマックス直前! 
大人気妖人探偵小説第7弾。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「妖奇庵夜話 誰が麒麟を鳴かせるか」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ7作目。「麒麟」として崇拝される17歳の少女とその母親。その間にあるのは、愛か、洗脳か。そして、謎のメッセージを体に刻まれて発見された二つの遺体との関係は。合間合間に挟まれる、それこそ洗脳する シリーズ7作目。「麒麟」として崇拝される17歳の少女とその母親。その間にあるのは、愛か、洗脳か。そして、謎のメッセージを体に刻まれて発見された二つの遺体との関係は。合間合間に挟まれる、それこそ洗脳するかのような語り掛けにすっかり惑わされてしまった。事件の裏にいるはずの存在は青目だと少しも疑っていなかったので、ここへ来てのまさかの展開にびっくり。伊織と青目の関係はどこへ行き着くのだろうか。伊織を守った青目と、それを分かっていた伊織と。この二人の絆や想いはあまりにも複雑すぎて、切ない。続きがますます楽しみ。 …続きを読む
    2019年03月31日
    56人がナイス!しています
  • 愛と洗脳はどこが違う?というキャッチコピーの通り、一組の母子を中心に人間の憐れな妄念に溢れた巻でした。潰せど潰せど名を変え姿を変え人心を惑わす新興宗教やSNS。人はかくも脆弱で誰かのために他の誰かを犠 愛と洗脳はどこが違う?というキャッチコピーの通り、一組の母子を中心に人間の憐れな妄念に溢れた巻でした。潰せど潰せど名を変え姿を変え人心を惑わす新興宗教やSNS。人はかくも脆弱で誰かのために他の誰かを犠牲にし続けることでしか自我を保てない。守ると助けるは違うと告げる神女の台詞が棘のように刺さる。脇坂と甲藤の愚直さと素直さが読者にとっての清涼剤のよう。どれだけ罪を重ねていても敵と見做していても、青目が救われない限り伊織が救われることも無いのだと証明されましたが、このまま次巻かその次でクライマックスでしょうか→ …続きを読む
    カナン
    2019年04月13日
    49人がナイス!しています
  • シリーズ七作め。 続きがあるとはいえこんな読み終わってからも据わりが悪いというかソワソワして落ち着かないのも珍しい。 経緯はともかく結果としては全く救われないまま閉じてしまうであろう事件と新たな不穏の シリーズ七作め。 続きがあるとはいえこんな読み終わってからも据わりが悪いというかソワソワして落ち着かないのも珍しい。 経緯はともかく結果としては全く救われないまま閉じてしまうであろう事件と新たな不穏の影。 顔もわからないその影がどうにもちらついてもう一度どころかシリーズ最初から読み直して気配を探したくなってしまいます。ほんとは浮わついた脇坂さんをニヤニヤ見てたいのに。 …続きを読む
    とも
    2019年03月24日
    41人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品