プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション

関連作品有り

第37回大平正芳記念賞特別賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコニコカドカワ祭り2021
ニコニコカドカワ祭り2021
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年07月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784041078419

関連作品有り

第37回大平正芳記念賞特別賞

プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション

  • 編著者 高須 正和
  • 編著者 高口 康太
  • 著者 澤田 翔
  • 著者 藤岡 淳一
  • 著者 伊藤 亜聖
  • 著者 山形 浩生
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年07月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784041078419

「まず、手を動かす」が時代を制した。次にくるメガシティはどこか!?

スーパーシティよりも、まずプロトタイプシティ!
テンセントが未来都市を作る街、新時代都市・深セン。
成功の鍵は“プロトタイプ駆動”にあった。

「まず、手を動かす」が時代を制した。
産業の中心は「非連続的価値創造」にシフトした――。
現代は「プロトタイプ」、頭でっかちに計画を立てるよりも、手を動かして試作品を作る。
まずは手を動かす人や企業が勝利する時代となった。
そして、先進国か新興国かを問わず、プロトタイプ駆動によるイノベーションを次々と生み出す場、
「プロトタイプ・シティ」が誕生し、力を持つことになった。

その代表例が、近年、急速に一般からも注目を集めた中国の都市・深センである。
テンセントが「未来都市」を建設する計画を明らかにしたが、その場こそ、深センだ。
ではなぜ、深センは世界の耳目を集め続けるプロトタイプシティに変われたのか?
また、コロナを経て、シリコンバレー、深センの次にくるメガシティ、準メガシティは一体どこか? その条件は?
そして、日本からプロトタイプシティは生まれるのか?
我々一人ひとりは、プロトタイプシティ時代にどう対応すればいいのか?
深センイノベーションを知り尽くした識者・経営者が集結し、徹底開示する!


【目次】

まえがき (高須正和・高口康太)

第一章 プロトタイプシティの時代  (高須正和)

第二章 中国イノベーションと「安全な公園」 (澤田翔)

第三章 「ハードウェアの聖地」深センの秘密 (藤岡淳一・高口康太)

第四章 次のプロトタイプシティ(伊藤亜聖・山形浩生・高口康太)

第五章 プロトタイプシティ時代の戦い方 (ナオミ・ウー・GOROman・高口康太)

あとがき(高須正和・高口康太)

主要参考文献一覧

もくじ

まえがき (高須正和・高口康太)

第一章 プロトタイプシティの時代  (高須正和)
第一節 インターネットが変えた新興国
第二節 「ユニコーン現象」が生んだプロトタイプ主導経済
第三節 イノベーションのグローバル化と日本のハマった落とし穴

第二章 中国イノベーションと「安全な公園」 (澤田翔)
第一節 超高速ビジネスの作り方
第二節 アタリショックを避けるために
第三節 バックラッシュの時代

第三章 「ハードウェアの聖地」深センの秘密 (藤岡淳・高口康太)
第一節 深センとはどんな街か?
第二節 深センができるまで
第三節 山賊たちのポストモダン
第四節 公権力とプロトタイプシティ
第五節 深センの未来

第四章 次のプロトタイプシティ(伊藤亜聖・山形浩生・高口康太)
第一節 先進国と新興国、それぞれのデジタル化
第二節 プロトタイプシティ成立の条件

第五章 プロトタイプシティ時代の戦い方 (ナオミ・ウー・GOROman・高口康太)
第一節 あなたの仕事はなんですか?――ナオミ・ウー
第二節 どうして今の自分になった?――GOROman
第三節 STEMとメイク、オープンソースが導いた現在――ナオミ
第四節 レガシー世界との戦い――ナオミ、GOROman
第五節 次のチャレンジは?――ナオミ、GOROman

あとがき(高須正和・高口康太)
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「プロトタイプシティ 深センと世界的イノベーション」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「テレビの画質が年々良くなる」といった連続的価値創造ではなく、既存価値の消滅と新価値の誕生が次々と起きる非連続的価値創造の時代がやってきている。その象徴ともいえる都市が中国の深セン。▼やれ中国製だから 「テレビの画質が年々良くなる」といった連続的価値創造ではなく、既存価値の消滅と新価値の誕生が次々と起きる非連続的価値創造の時代がやってきている。その象徴ともいえる都市が中国の深セン。▼やれ中国製だからと言って軽視している間に、気づいたら手遅れ、みたいにならないようにするために、、、いや、もうそうなっているのかも。もっとも、成長が正義という価値観には懐疑的である必要はあるとは思うけど。こういう世の中で、これから自分はどうしていきゃあいいんだろーなーと考えさせられる。 …続きを読む
    鉄骨構造
    2020年08月23日
    16人がナイス!しています
  • ★4 dxってなんなん?って考えるなら、こちらの本の方がお手本としてわかりやすい。香港の下請けだった深圳がどう変わって来たのか。どこに向かうのか。日本企業との仕組みの差は何なのか。面白かった。特に後ろ ★4 dxってなんなん?って考えるなら、こちらの本の方がお手本としてわかりやすい。香港の下請けだった深圳がどう変わって来たのか。どこに向かうのか。日本企業との仕組みの差は何なのか。面白かった。特に後ろの対談はなるほどと思う視点が多かった。 …続きを読む
    アルミの鉄鍋
    2021年03月14日
    2人がナイス!しています
  • プロトタイプシティって?デジタル化って?VRって?今起きているデジタル社会について、するすると理解できた。それと同時に、新型コロナを契機にリモートワークになってからの仕事の進め方や会社との距離感、人間 プロトタイプシティって?デジタル化って?VRって?今起きているデジタル社会について、するすると理解できた。それと同時に、新型コロナを契機にリモートワークになってからの仕事の進め方や会社との距離感、人間関係など、どうしてストレスになってたのか、どうして意欲がなくなってきたのか、自分が今後どうありたいのかが何となくわかって来た。 …続きを読む
    くわずいも
    2021年01月04日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品