小説 熱海殺人事件

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041076637

小説 熱海殺人事件

  • 著者 つか こうへい
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041076637

木村伝兵衛、角川文庫に降臨! つかこうへいの伝説的戯曲の小説版!

くわえ煙草の敏腕刑事・伝兵衛に手渡された熱海海岸で起きた殺人事件。若手刑事と婦人警官とともに容疑者・大山金太郎の取り調べを行う中で、伝兵衛はこの殺人事件を美的に完璧な大犯罪に仕立てていく……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「小説 熱海殺人事件」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 先日TVでつかこうへいを取り上げていて、10年ぶりぐらいで読み返してみた。面白さだけでなく、時代への諷刺や、過去への郷愁といったものも感じられる。犯罪の原因が、恰好良く言えば不条理というか、犯罪者の気 先日TVでつかこうへいを取り上げていて、10年ぶりぐらいで読み返してみた。面白さだけでなく、時代への諷刺や、過去への郷愁といったものも感じられる。犯罪の原因が、恰好良く言えば不条理というか、犯罪者の気分に依存し、重犯罪が簡単に起こりうることへの皮肉が少しあるのかも知れない。登場人物4人が喋りまくる作品だが、一級のエンターテインメントでユーモア満載。時に鋭い刃を投げかけ、異常な世界が現れてくる。特に最後の畳みかけは圧巻。ただ基本的に取り調べ室だけで展開する設定はあまりに演劇的。やはり舞台で見たい作品。 …続きを読む
    ダージリン
    2020年07月10日
    2人がナイス!しています
  • 小男で破天荒な刑事・煙草伝兵衛、新米刑事・留吉、婦人警官ハナ子が熱海で発生した「ブス殺し」事件の犯人を自白に追い込もうと奔走する。作者の後書きにもあったように、「ブスが殺された」などという新聞の見出し 小男で破天荒な刑事・煙草伝兵衛、新米刑事・留吉、婦人警官ハナ子が熱海で発生した「ブス殺し」事件の犯人を自白に追い込もうと奔走する。作者の後書きにもあったように、「ブスが殺された」などという新聞の見出しがあったらどうなるのかと思わせてしまうような…コメディとして楽しく読めるものの、こんな茶番が実際に起きているのかと想像せざるを得ない。カミュの『異邦人』にまつわる話も出てきたのでテーマは似通っているのか。劇中劇のテンポが良かったので、舞台は面白いはず。文章は殆ど会話が中心で、地の文はト書きのようだった。 …続きを読む
    しあつん
    2020年02月23日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品