GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンXI<下>

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年12月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
1160
ISBN:
9784049122107

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンXI<下>

  • 著者 川上 稔
  • イラスト さとやす(TENKY)
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年12月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
1160
ISBN:
9784049122107

境界線上のホライゾン、堂々本編完結!!

不可能男トーリと記憶を失った自動人形ホライゾンの出会いから始まった、末世を巡る物語が遂に完結。ヴェストファーレン会議を経て末世解決の方法を示したトーリ達は、すべての元凶である「運命」との戦いに挑む!

メディアミックス情報

NEWS

「GENESISシリーズ 境界線上のホライゾンXI<下>」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 僕の中の一つの読書の歴史が終わった感じがありますね。この作品は僕の中でも結構特別な思いがありました。僕の好きな要素がこれでもかと詰め込まれていて、この作品に出会ったときは衝撃が走ったものです。ライトノ 僕の中の一つの読書の歴史が終わった感じがありますね。この作品は僕の中でも結構特別な思いがありました。僕の好きな要素がこれでもかと詰め込まれていて、この作品に出会ったときは衝撃が走ったものです。ライトノベルを買うのはもうこの作品で終わろうと思っていて、自分の中で区切りがついたなと。最終巻の内容については、最高としか言えません。読み続けて本当に良かったです。川上稔氏には感謝と労いの言葉をかけたいです。みなさんにはオススメはできないですが、読むなら最後まで読んだ方がいいですよ! …続きを読む
    ポタオ
    2018年12月25日
    28人がナイス!しています
  • さていよいよ本編完結、運命の自殺を止めるべく総出で第二の月へ向かってそれから…と言うお話です。前半部分は最近のいつもの境ホラと言う感じで色々な面で楽しかったです…w そして第二の月に向かいだしてからの さていよいよ本編完結、運命の自殺を止めるべく総出で第二の月へ向かってそれから…と言うお話です。前半部分は最近のいつもの境ホラと言う感じで色々な面で楽しかったです…w そして第二の月に向かいだしてからの「幸運」の全能感溢れる其々の相手に対して、「不運」ながらも負けたり挫折したりして、それでも立って前へ向いて強くなっていった今までの其々の部分を見られた様な気がして、最後の運命との会話部分も含めてとても武蔵らしい末世解決だったと思いました。→ …続きを読む
    まるぼろ
    2018年12月14日
    14人がナイス!しています
  • シリーズ完結。この密度でこの分量をやり切ってなおまだまだ広げる余地があるとか、凄まじい話。正しく失わせないし、続いていく物語でした。世界の崩壊が迫ったり、かつて崩壊する未来があったり、基本骨子はいつも シリーズ完結。この密度でこの分量をやり切ってなおまだまだ広げる余地があるとか、凄まじい話。正しく失わせないし、続いていく物語でした。世界の崩壊が迫ったり、かつて崩壊する未来があったり、基本骨子はいつもの川上稔作品ですが、読後感が群を抜いて爽やか。腹を決めて始めたっていうのは本当にそうなんでしょう。途中読み続けることがしんどかったり、面倒くさくなって読み飛ばしたり、伏線が長すぎてダレたりしたこともあったけど、ここまで着いてきて本当に良かったです …続きを読む
    金目
    2019年01月03日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品