連射王<下>

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年01月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
306
ISBN:
9784840237352

連射王<下>

  • 著者 川上 稔
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年01月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
306
ISBN:
9784840237352

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「連射王<下>」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「本気」とは何かをシューティングゲームを通して知る高校生のお話。の後半。 いやぁ、青春だなぁ。羨ましいことこの上ないですね。俺が高校生の時はあそこまで本気で取り組めるようなものは無かったな、と感じてし 「本気」とは何かをシューティングゲームを通して知る高校生のお話。の後半。 いやぁ、青春だなぁ。羨ましいことこの上ないですね。俺が高校生の時はあそこまで本気で取り組めるようなものは無かったな、と感じてしまいました。 勝つために、先に進むために、見たことのない景色を見る為に、努力をして作戦を立てて何度も練習して……そうすることに何の抵抗もなく、楽しめることが本気なのだろう。 いつかどこかで自身が本気で向き合えるものを見つけたとき、それがどんなものでも続けていく勇気を持ちたいと思えた。 …続きを読む
    光心
    2013年09月03日
    9人がナイス!しています
  • シューティング上達への特訓メニューがあまりにもストイックで、初読時、主人公のゲームへの気持ちが本気であるほどに「これはギャグ小説か!?」と疑いたくなる正気度だったが、読了後に主人公のひたむきさがひしひ シューティング上達への特訓メニューがあまりにもストイックで、初読時、主人公のゲームへの気持ちが本気であるほどに「これはギャグ小説か!?」と疑いたくなる正気度だったが、読了後に主人公のひたむきさがひしひしと伝わってきて、その考えを改めた。アニメ絵のある文庫ではなく、敢えてハードカバー媒体を選んだのはすべて「本気」につなげる為のものだと思う。まさに現代の若者のための文芸小説だと感じた。後日談がないのが残念だが、それを望むのは野暮か。 …続きを読む
    アタケ
    2012年08月30日
    4人がナイス!しています
  • 対象がなんであれ、むしろ下らないものであるからこそ引き立つのは、本気というものの素晴らしさ。ひたむきな奴の姿が胸を打たないわけがないということを、再確認。 対象がなんであれ、むしろ下らないものであるからこそ引き立つのは、本気というものの素晴らしさ。ひたむきな奴の姿が胸を打たないわけがないということを、再確認。
    不以
    2012年05月10日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品