角川文庫

フィンランド語は猫の言葉

ちんぷんかんぷん。でもこの国、最高!抱腹絶倒のロングセラー留学エッセイ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041075388
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

フィンランド語は猫の言葉

ちんぷんかんぷん。でもこの国、最高!抱腹絶倒のロングセラー留学エッセイ

  • 著者 稲垣 美晴
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041075388

ちんぷんかんぷん。でもこの国、最高!抱腹絶倒のロングセラー留学エッセイ

森と湖の美しき国フィンランド。
芸大生ミハルが「渡芬(トフン)」したのはフィン語の本も辞書もない70年代末。相槌の「ニーン、ニーン」は猫の言葉に聞こえるし、夏至祭は「ココ、コッコ」と鶏言葉が蔓延、古文は恐竜言葉さながら謎だらけ。
ハードでシュールな語学漬けの日々に天性のユーモアと想像力をフル活用。個性溢れる仲間と極寒の冬も混浴サウナもどうにか乗り切った、抱腹絶倒のロングセラー留学体験エッセイ!
解説・黒田龍之助

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「フィンランド語は猫の言葉」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ヘルシンキ大学でのフィンランド語習得奮闘記。まったくのゼロに近い状態から勉強を始め、だんだんと言語を使いこなせるようになっていく様子がユーモア混じりに描かれる。私だったら途中で放り投げるなあという状況 ヘルシンキ大学でのフィンランド語習得奮闘記。まったくのゼロに近い状態から勉強を始め、だんだんと言語を使いこなせるようになっていく様子がユーモア混じりに描かれる。私だったら途中で放り投げるなあという状況でも食らいついていく著者の姿勢に勇気以上の力をいただいた。語学の勉強をしている方や、新しいチャレンジをしようと思っている方すべてへのエールのように思える。他の文化から見た日本、またその逆も考えるきっかけになる。とても面白い。 …続きを読む
    佐島楓@勉強中
    2019年04月27日
    65人がナイス!しています
  • 文庫が出たので再読。おもしろかった。笑えるところ多数。フィンランド語は難しそうだ。 文庫が出たので再読。おもしろかった。笑えるところ多数。フィンランド語は難しそうだ。
    mntmt
    2019年05月17日
    16人がナイス!しています
  • 言語習得には果てがない。ダラダラ続く上り坂を永遠に登るようなものだと思う。ラクになることはないんだろうなと観念しながら進む。言語学も文学も音声学も、どこかの教科と同じように「一体何の役に立つのか」と問 言語習得には果てがない。ダラダラ続く上り坂を永遠に登るようなものだと思う。ラクになることはないんだろうなと観念しながら進む。言語学も文学も音声学も、どこかの教科と同じように「一体何の役に立つのか」と問われる機会は多い。ただ、言葉の裏には歴史があり、文化がある。人間として生きている以上、切っても切り離せない複雑な繋がりを、豊かに、残酷にしっとりと含む。70年代の留学は現在と状況は大きく異なるだろうが、言葉を学ぶ人たちの想いはいつの時代も変わらないのだと感じながら、フィンランドの厳しく愉快な生活を思った。 …続きを読む
    SaTa
    2019年05月08日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品