起業闘争 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2018年12月22日
商品形態:
電子書籍

起業闘争

  • 著者 高杉 良
発売日:
2018年12月22日
商品形態:
電子書籍

痛快!感動!全サラリーマンに読んでほしい、実名企業小説。

リーダー・碓井優の下、大企業・石川島播磨重工を集団で辞めた80人の男たち。苛烈さを増す情報処理産業を舞台に、寄らば大樹の陰を良しとせず、信じる道を貫いた者たちの果敢な行動を描いた実名企業小説。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「起業闘争」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 実話と知らずに読んでいた。会社を辞めて事業を継続する、それも会社の意に反して、なんてとても出来ることではない。碓井さんの人望の厚さを見ると、今までどうやったらこんなに信頼を獲得できたのだろうかと思う。 実話と知らずに読んでいた。会社を辞めて事業を継続する、それも会社の意に反して、なんてとても出来ることではない。碓井さんの人望の厚さを見ると、今までどうやったらこんなに信頼を獲得できたのだろうかと思う。フィクションの経済小説のような作られた感がなく、リアリティのあるものだった。 …続きを読む
    さやか
    2019年02月15日
    9人がナイス!しています
  • IHIからスピンアウトしたコスモエイティの軌跡が書かれています。碓井氏に共鳴するもの、家族関係で悩み脱落するもの、最後まで苦悩するもの、様々な人間模様が描かれています。同じ著者の企業蘇生でも立場を変え IHIからスピンアウトしたコスモエイティの軌跡が書かれています。碓井氏に共鳴するもの、家族関係で悩み脱落するもの、最後まで苦悩するもの、様々な人間模様が描かれています。同じ著者の企業蘇生でも立場を変えて碓井氏は登場しますね。 …続きを読む
    スプリント
    2019年09月07日
    8人がナイス!しています
  • 実在する企業の名前があり、フィクションとは違った緊張感。今から約40年以上前の話なのに古く感じないのは、会社とは利益中心で、社員を人と見ていない、と言う事なのでしょうか? 実在する企業の名前があり、フィクションとは違った緊張感。今から約40年以上前の話なのに古く感じないのは、会社とは利益中心で、社員を人と見ていない、と言う事なのでしょうか?
    nyanlay
    2019年01月26日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品