富士見L文庫

すみれ荘ファミリア

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年07月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784040727882
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

富士見L文庫

すみれ荘ファミリア

  • 著者 凪良 ゆう
  • イラスト ゆうこ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年07月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784040727882

おんぼろ下宿屋で暮らす、一つ屋根の下の他人。そして、家族のものがたり

トイレと風呂と台所は共有、朝食夕食付きの下宿屋すみれ荘。下宿人の美寿々、隼人、青子と管理人代理の一悟は家族のように暮らしていた。しかし芥という新しい入居者により、皆の知らなかった顔が見えてきて――?


メディアミックス情報

NEWS

「すみれ荘ファミリア」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 美寿々の生き方はとても好感が持てる。彼女の定義した自然体。しんどいながらも自分が楽に呼吸できる環境って大事。隼人の人との付き合い方は、納得できる部分と、そうじゃない部分と。裏表のある人間は、私だったら 美寿々の生き方はとても好感が持てる。彼女の定義した自然体。しんどいながらも自分が楽に呼吸できる環境って大事。隼人の人との付き合い方は、納得できる部分と、そうじゃない部分と。裏表のある人間は、私だったら切り捨てる。じゃないと、自分が疲れちゃうから。青子の執着は気持ち悪い。それは他人に対する愛情じゃなくて、ただの自己愛と自己憐憫。悦実の子どもに対する接し方はこれっぽっちも納得できない。身に降りかかった理不尽の全てを許した一悟。虚無の中から漸く立ち上がろうとした央二。二人のこれからが穏やかでありますように。→ …続きを読む
    みやこ
    2018年09月20日
    62人がナイス!しています
  • 二時間のオムニバスサスペンスドラマのような物語。予想していたものよりだいぶダークなのが意外だった。 二時間のオムニバスサスペンスドラマのような物語。予想していたものよりだいぶダークなのが意外だった。
    佐島楓@勉強中
    2018年07月16日
    52人がナイス!しています
  • すみれ荘に突然住むことになった芥が、皆の心を荒らしていくお話だったら嫌だなと思っていましたが、住人たちの方がある意味濃い人たちでしたね。和久井の母親については、どうしてもモヤモヤしますがラストのある人 すみれ荘に突然住むことになった芥が、皆の心を荒らしていくお話だったら嫌だなと思っていましたが、住人たちの方がある意味濃い人たちでしたね。和久井の母親については、どうしてもモヤモヤしますがラストのある人の呼び方にホッとしました。 …続きを読む
    フキノトウ
    2018年11月20日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品