すみれ荘ファミリア

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年07月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784040727882

すみれ荘ファミリア

  • 著者 凪良 ゆう
  • イラスト ゆうこ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年07月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784040727882

おんぼろ下宿屋で暮らす、一つ屋根の下の他人。そして、家族のものがたり

トイレと風呂と台所は共有、朝食夕食付きの下宿屋すみれ荘。下宿人の美寿々、隼人、青子と管理人代理の一悟は家族のように暮らしていた。しかし芥という新しい入居者により、皆の知らなかった顔が見えてきて――?

メディアミックス情報

NEWS

「すみれ荘ファミリア」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 一見、穏やかで優しげな表紙。が、よく見ると不穏な空気に包まれている。作品の内容をよく現しているのだ。最初の1章2章を読んだ時点では、生き辛さを抱えながら、それを胸の奥底に仕舞いこんだ住人たちが、この古 一見、穏やかで優しげな表紙。が、よく見ると不穏な空気に包まれている。作品の内容をよく現しているのだ。最初の1章2章を読んだ時点では、生き辛さを抱えながら、それを胸の奥底に仕舞いこんだ住人たちが、この古びた下宿でそれぞれの生きる道を選びとる、的な話なのかと思えばとんでもなかった。後半は思わず顔が嫌悪で歪むような毒が次々と撒き散らされる。人間は何て傲慢で身勝手な存在なのだろう。ただ、ラストに希望だけは託したい。「間に合わないこともあるが、間に合うこともいくつかはある」それを信じて。 …続きを読む
    みっちゃん
    2020年05月22日
    168人がナイス!しています
  • 去年から読メでよく見かけ気になっている『流浪の月』は図書館の順番がまだで、こちらが先に回って来た。平穏なタイトル・ちょっと不穏なイラスト、話は不穏寄りだった。体調や環境や人間関係、生きていく上で悩むこ 去年から読メでよく見かけ気になっている『流浪の月』は図書館の順番がまだで、こちらが先に回って来た。平穏なタイトル・ちょっと不穏なイラスト、話は不穏寄りだった。体調や環境や人間関係、生きていく上で悩むことなく済むのは難しいそれらの全てがすみれ荘の住民達にはある。感情がないという言い方をしているけれど、上手くいかない事を誰かのせいや何かのせいにしない芥のこと、私は好き。あまりに辛い過去ゆえだけど、人が本来持つべき考え方をしている気がした。セリフがすこし説明し過ぎだと感じたけれど、なかなか好みでおもしろかった! …続きを読む
    みどり虫
    2020年02月04日
    161人がナイス!しています
  • ★★★☆  シェアハウスの同居人とお互いのコンプレックスをさらけ出しながら成長していくほのぼのストーリー・・・と思いきや、青子の告白からとんでもない方向に飛ぶ。希望のある結末だけど、どこか胸糞悪いわ。 ★★★☆  シェアハウスの同居人とお互いのコンプレックスをさらけ出しながら成長していくほのぼのストーリー・・・と思いきや、青子の告白からとんでもない方向に飛ぶ。希望のある結末だけど、どこか胸糞悪いわ。 …続きを読む
    やっさん
    2020年04月25日
    133人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品