和歌史 なぜ千年を越えて続いたか 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年10月30日
商品形態:
電子書籍

和歌史 なぜ千年を越えて続いたか

  • 著者 渡部 泰明
発売日:
2020年10月30日
商品形態:
電子書籍

和歌とは何か。連綿と続く言葉の文化の謎を解明する!

人々は、万葉集の時代から言葉と人による網目のような縁をつくり、あるときには「本歌取り」を通して時代をこえた会話をし、一時代にはグループを作って時代ごとの言葉の塊を形成してきた。本書では、和歌の縦の歴史を追いながら、言葉と言葉によってできた網のようなつながりを解き明かす。表現の背後にある観念を析出し、系譜化する。和歌研究の地平をひらく画期的な書!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「和歌史 なぜ千年を越えて続いたか」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 短歌修行のために。この著者さん、寺山修司に感電しただけあって、短歌の精髄を掬う手つきに演劇的な(と言えばいいのか)おかしみがある。手つきというより体の動かしかたと言えばいいのかな。よい。古典の名歌に入 短歌修行のために。この著者さん、寺山修司に感電しただけあって、短歌の精髄を掬う手つきに演劇的な(と言えばいいのか)おかしみがある。手つきというより体の動かしかたと言えばいいのかな。よい。古典の名歌に入っていってその中から動体的に誘われる味わいを語ってくれるから、論理よりも感覚で読んでいくところが、やっぱりよい。思い返すと文法的な解説ってあまりないのよ、この本。短歌があって、そこに働いている想像力や作者の立ち位置・演技生活、言葉のロゴロジカルな働き、それを扱っている。 …続きを読む
    袖崎いたる
    2021年05月17日
    3人がナイス!しています
  • 和歌のことはよくわからないけど、訳を読むと当時の人たちが感じた想いや気持ちに自分の思いを重ねられるようで、時代を超えて心が通じ合えた気がして素敵だなと思っていた。そんな初心者にとってもこの本はわかりや 和歌のことはよくわからないけど、訳を読むと当時の人たちが感じた想いや気持ちに自分の思いを重ねられるようで、時代を超えて心が通じ合えた気がして素敵だなと思っていた。そんな初心者にとってもこの本はわかりやすく、和歌の歴史をひとりひとりの歌人の作品と一生を振り返りながら解説してくれる。和歌とはいったい何なのか?が語られている「はじめに」がもういきなりわかりやすい。初めて和歌のことを知るガイドブック的に手元に置いておきたい本。 …続きを読む
    Eri
    2021年02月14日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品