明治あやかし新聞 三 怠惰な記者の裏稼業

新聞に掲載される妖怪記事には、優しさと温もりがありました。

  • 著者 さとみ桜
明治あやかし新聞 三 怠惰な記者の裏稼業

新聞に掲載される妖怪記事には、優しさと温もりがありました。

 日がな一日サロンで惰眠を貪る日陽新聞社の記者・久馬と、役者崩れの妖美な男・艶煙の裏稼業を手伝う事となった香澄。
 ある日三人で酉の市に出かけると、久馬と艶煙の昔馴染の藤治郎に遭遇する。
 思い出話に花を咲かせる三人だったが、ふいに藤治郎が艶煙に対し「まだあの男を探しているのですか?」と、意味深長な言葉を残し――。
 艶煙の過去を紐解く大人気明治あやかし物語第三弾!
「雲外鏡の怪」「鬼火の怪」「嘆きの面の怪」三編を収録。

文庫売上ランキング

最近チェックした商品