おいしい料理は、すべて旅から教わった

「調べるより、行ったほうが早い!」と旅に出て、44年、訪れた国60カ国。世界各国の料理を教える料理教室を主宰し、テレビや雑誌等でも活躍する料理研究家の荻野恭子さん初の食文化エッセイ。

  • 著者 荻野 恭子
発売日:
2018年10月05日
商品形態:
電子書籍
おいしい料理は、すべて旅から教わった 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

おいしい料理は、すべて旅から教わった

「調べるより、行ったほうが早い!」と旅に出て、44年、訪れた国60カ国。世界各国の料理を教える料理教室を主宰し、テレビや雑誌等でも活躍する料理研究家の荻野恭子さん初の食文化エッセイ。

  • 著者 荻野 恭子
発売日:
2018年10月05日
商品形態:
電子書籍

「調べるより、行ったほうが早い!」と旅に出て、44年、訪れた国60カ国。世界各国の料理を教える料理教室を主宰し、テレビや雑誌等でも活躍する料理研究家の荻野恭子さん初の食文化エッセイ。

荻野恭子さんは、興味のある料理を見つけると、ネットなどの情報に頼らず、料理は「現地まで食べに行き、教わる」派。
64歳になった最近も、魚醤の原産地作業場を見るために、カンボジアに一人旅してきたばかり。今まで訪れた国は60カ国に上ります。
しかも季節を変えて同じ場所を何回も訪れ、その季節の旬のものを食べ、現地の主婦に、家庭料理を教わるそう。

そうして教わった料理を、みんなに作りやすいレシピを再構築し、現地での体験とともに伝えてくれる料理教室は、大人気。
現在も、予約のとれない料理教室として有名で、料理編集者や料理家もこぞって通っているのです。

こうして荻野さんが食をめぐる旅を続け、気がついたのは「料理がその場所で根付いているのには、必ず理由がある」ということ。
たとえば世界中に餃子、または餃子のような料理があって、それは大陸のために近隣の国に伝わり、それがまた伝わり……というようなことです。
このような食文化を知るため、荻野さんはいまも旅を続けているのです。

本書では、荻野さんが世界中を旅して探究した食文化の解説や、現地のお母さんから学んだ暮らしの知恵を生き生きとした文章でつづっています。
また、日本の材料で作れる世界の料理レシピも多数掲載。読むだけで世界中を旅している気分になれる、食文化エッセイです。
荻野さんを尊敬してやまない人気料理研究家のコウケンテツさんとの旅対談、荻野さんの料理教室にも通うツレヅレハナコさんへの料理教室も掲載しています。

<この本の特徴>
○食の知識ゼロでも読めるよう、わかりやすい言葉で世界の料理について解説しています
○日本にいながらにして作れる世界の料理レシピを掲載しています
○写真も多数掲載しているので、現地の様子が楽しめます

トピックス

この著者の商品

最近チェックした商品