夜汐

おれの命は、おまえのもんだ。直木賞作家が挑む、激情の幕末ロードノベル!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年11月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041069226
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

夜汐

おれの命は、おまえのもんだ。直木賞作家が挑む、激情の幕末ロードノベル!

  • 著者 東山 彰良
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年11月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041069226

おれの命は、おまえのもんだ。直木賞作家が挑む、激情の幕末ロードノベル!

文久三年。やくざ者の蓮八は、苦界に沈んだ幼馴染み・八穂を救うため、やくざの賭場から大金をせしめた。
報復として蓮八に差し向けられたのは、凄腕の殺し屋・夜汐。
京で新選組の一員となり、身を隠すことにした蓮八だが、ある日八穂からの文を受け取る。
帰ってきてほしい……その想いを読み取った蓮八は、新選組から脱走することを決意。
土方や沖田からも追われながら、八穂の待つ小仏峠に向かうべく、必死で山中を進む。
だが、夢で蓮八に語りかけ、折りに触れ彼を導くのは、命を狙っているはずの夜汐だった――。

逃れられぬ運命の中でもがく人々、もつれ合う“志”。
すべてが胸に突き刺さる、直木賞作家の新境地!

メディアミックス情報

NEWS

「夜汐」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 東山 彰良は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。著者の新機軸、幕末の殺し屋の物語中心と思いきや、新撰組がかなりの内容を占めていました。著者は、この後どのような方向に進むのでしょうか? 東山 彰良は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。著者の新機軸、幕末の殺し屋の物語中心と思いきや、新撰組がかなりの内容を占めていました。著者は、この後どのような方向に進むのでしょうか?
    starbro
    2018年12月11日
    215人がナイス!しています
  • 夜汐・・塩辛い香りが漂うよ。居るのに居ない。居ないのに感じる。狼の化身か『優しい死神』とでも言おうか。そんな男と約束した蓮八と、苦界を退いた幼なじみ八穂の愛の物語でもあった。時代の転換期、新選組まで描 夜汐・・塩辛い香りが漂うよ。居るのに居ない。居ないのに感じる。狼の化身か『優しい死神』とでも言おうか。そんな男と約束した蓮八と、苦界を退いた幼なじみ八穂の愛の物語でもあった。時代の転換期、新選組まで描いて東山作家が面白い。序章からテンポが心地よくページを捲る手が止まらない。えぇい、誰も読むのを遮るな。終章まで激動の5年間を私もその空気となって漂いその熱に酔った。14歳になった忘れ形見の小夜よ、新しい時代に堂々と生きて行け! …続きを読む
    いつでも母さん
    2018年12月28日
    191人がナイス!しています
  • 時代が大きく揺れ動く幕末、新撰組に入った隊士には、大義なく生活の為、と入隊した者も多かったのかも。土方さん好きとしてはどうしても「潔く散った」名士をカッコよく感じるけど、多くの人はそんなものより今を生 時代が大きく揺れ動く幕末、新撰組に入った隊士には、大義なく生活の為、と入隊した者も多かったのかも。土方さん好きとしてはどうしても「潔く散った」名士をカッコよく感じるけど、多くの人はそんなものより今を生きる事の方が大切だったんだろうな。そうだよね。 幼い頃から親の庇護を受けられず、必死で生きた等身大の男性の姿には応援したくなるけれど、あまりにも都合がいいんじゃないかい?夜汐のキャラクターにもイマイチ感情移入できず… 絶賛レビューが多い中言いづらいけど、私にはちょっとイマイチだった…( ⌯᷄௰⌯᷅ ) …続きを読む
    ちなぽむ
    2019年02月23日
    178人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

東山 彰良(ひがしやま あきら)

1968年台湾生まれ。2015年に『流』で直木賞を受賞。近著に『僕が殺した人と僕を殺した人』など。

最近チェックした商品