角川ソフィア文庫

宗教改革の物語 近代、民族、国家の起源

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784044003968
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ソフィア文庫

宗教改革の物語 近代、民族、国家の起源

  • 著者 佐藤 優
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784044003968

「私の持つすべての力を投入した」。全精力を注いだ大型論考、遂に文庫化!

「私の持つすべての力をこの作品に投入した」
原稿用紙約1000枚、著者が全精力を注いだ、過去と現在を大規模に往還する大型論考がついに文庫化!!

宗教改革の知識を欠いて、近代を理解することは出来ない。
なぜなら、宗教改革は近代、民族、国家、ナショナリズムの起源となったからだ。

「この作品は私の著述群の中で特別の意味を持つ。
表題は『宗教改革の物語』で、扱っているのは中世末期のボヘミア(チェコ)の宗教改革者ヤン・フス(1370頃~1415年)である。
ただし、深層においては、私の過去と未来と現在が、すべて盛り込まれた作品だ。
佐藤優という作家が何を考え、何をしようとしているかに関心を持つ読者に是非読んでもらいたい」

時代状況が大きく変化する時こそ、長く頒布されてきた概念・事象がどう生成し、影響力を持つに至ったのかを分析することが、
個人・中間団体・国家それぞれの段階において、事態を打開する糸口を発見することに繋がる。
フスの「教会論」は、長く頒布されてきたものへの問題提起であり、その後、長く頒布されることとなるものとして、近代と現代の連関を見るには最適だ。
私たちは、“愛のリアリティー”を希求し、希求されている存在である。
『宗教改革の物語』が時代の危機を超えるための、読者にとって人生の実用書たる作品になることを願う。

もくじ

文庫版まえがき
まえがき――この作品に私の過去と未来と現在の、すべてが盛り込まれている

第一部 ヤン・フス
 第一話 コンスタンツの炎/第二話 見えざる教会/第三話 キリスト教徒とは/第四話 カレル大学神学部
第二部 ジョン・ウィクリフ
 第五話 ウィクリフ/第六話 ウィクリフにおける教会と国家/第七話 神と民族の契約から、神と個人の契約へ/第八話 目に見えない存在
第三部 宗教改革
 第九話 大分裂/第10話 公会議運動/第11話 事後預言/第12話 民族が生まれる/第13話 権威の源泉/第14話 両種陪餐
第四部 近代、民族、そして愛
 第15話 近代の黎明/第16話 教会形成/第17話 二つの剣/第18話 終末を意識すること 第19話 悪魔の教会/第20話 新しいエルサレム/第21話 悔悛/第22話 青白い馬/第23話 パウロの再発見/最終話 愛のリアリティー

あとがき――フスの宗教改革は、人間の希望を回復した
主要参考文献
解説 富岡幸一郎


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「宗教改革の物語 近代、民族、国家の起源」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • kindle ★★★☆☆ * 〈中世が神中心的で、近代が人間中心的であるという二分法は誤りだ。中世、近代のいずれにおいても、神中心的傾向と人間中心的傾向が並存している。〉そらそうだろうが、忘れがちだ。 kindle ★★★☆☆ * 〈中世が神中心的で、近代が人間中心的であるという二分法は誤りだ。中世、近代のいずれにおいても、神中心的傾向と人間中心的傾向が並存している。〉そらそうだろうが、忘れがちだ。 * 神皇正統記の解説本に期待。 …続きを読む
    フク
    2019年07月02日
    12人がナイス!しています
  • 著者の執念が垣間見える作品であった。キリスト教への興味から手にした本なのだが、中身はサッパリ理解できず、それより、沖縄問題について新たな興味が、、、。 著者の執念が垣間見える作品であった。キリスト教への興味から手にした本なのだが、中身はサッパリ理解できず、それより、沖縄問題について新たな興味が、、、。
    rio
    2019年03月22日
    1人がナイス!しています
  • ヤン・フスやジョン・ウィクリフの事跡、カトリックとプロテスタントの歴史的相克について勉強にはなったが、読み物としての構成・文章があまりに粗い。筆者曰く「最も書きやすい文体と構成」で書いたとのことだが、 ヤン・フスやジョン・ウィクリフの事跡、カトリックとプロテスタントの歴史的相克について勉強にはなったが、読み物としての構成・文章があまりに粗い。筆者曰く「最も書きやすい文体と構成」で書いたとのことだが、これが彼の得意とする「神学的」ということなのだろうか。とにかく同じ内容の繰り返しが多いし、各所からの引用もただの引き写しで筆者自身の言葉で練り直しがされていない。仮にこれが筆者のスタイルだと許容するとしても「物語」としては成立していないだろう。言葉は悪いが不出来な修士論文を読んだような読後感だった。 …続きを読む
    mandaraderluste
    2019年06月24日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品