地獄くらやみ花もなき 弐 生き人形の島

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041067895

地獄くらやみ花もなき 弐 生き人形の島

  • 著者 路生 よる
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041067895

〈地獄代行人〉西條皓、再び。今度の事件の舞台は「生き人形」が棲まう島!

地獄代行人の皓と助手の青児のもとに届いた〈バラバラ殺人〉を予感させる依頼状。バロック様式の館がそびえる島に向かった二人を待ち受けていたのは、美しき〈生き人形〉と皓の〈弟〉を名乗る少年で!?

もくじ

第一怪「ヒダル神あるいはプロローグ」/第二怪「鬼」/第三怪「黄泉返りあるいはエピローグ」


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「地獄くらやみ花もなき 弐 生き人形の島」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★+ シリーズ第二弾。地獄代行業を営む、魔王の子で半妖の美少年・皓と人の隠された罪を妖怪の姿でとらえる目を持つ助手の青児。今回の舞台は孤島にある人形作家の舘。密室殺人、残された少女の首、大量の血 ★★★+ シリーズ第二弾。地獄代行業を営む、魔王の子で半妖の美少年・皓と人の隠された罪を妖怪の姿でとらえる目を持つ助手の青児。今回の舞台は孤島にある人形作家の舘。密室殺人、残された少女の首、大量の血、消えた死体等本格っぽいのだが、皓とペット化扱いされている青児との会話ににんまりするし、ライバルの棘や皓の弟を名乗る緋も登場して雰囲気は明るめ。ただ、緋の秘密や複雑な思いと行動は切なく哀しく、最後に明かされた皓の生い立ちは重く辛い。怪しげなエピローグは新しい展開となる予感。3作目も積んだので、楽しみだ♪ …続きを読む
    ★Masako★
    2019年07月06日
    84人がナイス!しています
  • 地獄代行業・皓と罪を犯した人が妖怪に見えてしまう助手の青児のシリーズ2作目。キャラ読み出来るほど登場人物みんなが個性的なのに、実際の物語は殺人予告に首切り遺体に密室殺人、としっかり本格ものだったりする 地獄代行業・皓と罪を犯した人が妖怪に見えてしまう助手の青児のシリーズ2作目。キャラ読み出来るほど登場人物みんなが個性的なのに、実際の物語は殺人予告に首切り遺体に密室殺人、としっかり本格ものだったりするので驚きます。今回は皓の弟と名乗る男の出現、前作から続く棘との対立等、今回も事件以外の部分にも惹かれて、重い事件のはずなのに、重苦しくなくさらっと読み進めることができました。今回の事件の片がついた後も彼ら自身の物語はまだまだ謎を残しています。今後の展開も楽しみです。 …続きを読む
    aquamarine
    2019年09月14日
    77人がナイス!しています
  • 読み終えて先ず思ったのは、このシリーズこんなに血生臭い話だったっけ?と。いやまぁ嫌いではないですけど。孤島、古い館、嵐の夜というお約束のシチュエーション。本格ミステリではないとはいえ、所々に出てくる平 読み終えて先ず思ったのは、このシリーズこんなに血生臭い話だったっけ?と。いやまぁ嫌いではないですけど。孤島、古い館、嵐の夜というお約束のシチュエーション。本格ミステリではないとはいえ、所々に出てくる平安時代の古典とともに、好みの要素てんこ盛りで面白かった。青児も皓とちょっぴりお近づきになれたかな。雲行きが怪しい終わりだったけれど、地獄代行人だもんね、そりゃ怪しくて当然だわ。次は何が起こるかな。またたくさんの血が流れるのかな。 …続きを読む
    しゅてふぁん
    2019年05月31日
    64人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品