角川文庫

日本一の商人 茜屋清兵衛奮闘記

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041067659
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

日本一の商人 茜屋清兵衛奮闘記

  • 著者 誉田 龍一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041067659

商いは最後に笑ったものの勝ち!日本一の商人を目指す男の奮闘記。

日本一の「江戸店持京商人」になろうと並木屋に修行に出ていた清兵衛。だが実家茜屋に呼び戻されたことから、彼の悲劇が始まる。茜屋は火の車だったのだ。倒産寸前の実家と立て直すため、清兵衛が奮闘する!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「日本一の商人 茜屋清兵衛奮闘記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 5年修業の予定で大阪に出たのに、手紙で呼び戻されて3年で堺の実家(縮緬問屋)に帰った清兵衛なのだが…店の前は汚れているし、誰も出てこないし、泥棒に間違えられるし…。登場人物は癖はあってもイヤな奴ではな 5年修業の予定で大阪に出たのに、手紙で呼び戻されて3年で堺の実家(縮緬問屋)に帰った清兵衛なのだが…店の前は汚れているし、誰も出てこないし、泥棒に間違えられるし…。登場人物は癖はあってもイヤな奴ではないので気持ちよく読めた。住吉大社から宿院への渡御や堺の夜市の様子など身近な気がして楽しく読んだ。まだ日本一の商人に近づいてもいないので続編があるはずだと信じている。 …続きを読む
    真理そら
    2019年02月24日
    27人がナイス!しています
  • 一気読みの面白さ。堺から日本一の商人を目指す茜屋清兵衛であったが、父の左之助の行動の所為でマイナスからのスタート。人間臭い、一癖も二癖もある人物同士の掛け合いは軽快で、くすっと笑えてしまう。展開もスピ 一気読みの面白さ。堺から日本一の商人を目指す茜屋清兵衛であったが、父の左之助の行動の所為でマイナスからのスタート。人間臭い、一癖も二癖もある人物同士の掛け合いは軽快で、くすっと笑えてしまう。展開もスピーディ。危機に継ぐ、危機。脱したかと思えば、前回よりも追い詰められている。ジリ貧かと思えばの逆転劇。痛快にして爽快。優れたリーダビリティ。時代小説というだけで避けるのはもったいない作品。 …続きを読む
    サケ太
    2018年09月23日
    16人がナイス!しています
  • 食いつき良くて一気に読み終えてしまった。今は足元がやっと固まりつつある状態のようだし、シリーズ物に発展するのだろうか?次回作が待ち遠しい。 食いつき良くて一気に読み終えてしまった。今は足元がやっと固まりつつある状態のようだし、シリーズ物に発展するのだろうか?次回作が待ち遠しい。
    デジ姫
    2018年10月26日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品