BEATLESS 下

BEATLESS 下 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2018年02月24日
商品形態:
電子書籍

BEATLESS 下

  • 著者 長谷 敏司
発売日:
2018年02月24日
商品形態:
電子書籍

たとえそこに心がなくても、僕は君を信じつづける

「ヒト」と「モノ」とが紡ぎだすボーイ・ミーツ・ガールで、17歳の少年が選択した人類の未来とその存在意義とはーー


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「BEATLESS 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 技術的特異点後、39基の超高度AIが、ネット接続の規制など微妙なバランスの上で成り立っている世界。人とロボット、AIとの共存がテーマ。\モノ\である人型ロボットへの愛玩や嫌悪、AIへの潜在的恐怖なども 技術的特異点後、39基の超高度AIが、ネット接続の規制など微妙なバランスの上で成り立っている世界。人とロボット、AIとの共存がテーマ。\モノ\である人型ロボットへの愛玩や嫌悪、AIへの潜在的恐怖なども含まれる。本作では人に似た\かたち\で相手の感情をコントロールする事を\アナログハック\という造語で表わしているが、これは商業プロモーションやキャラクター商品などに、『文化の遺伝:ミーム』を利用した概念としており非常に興味深い。驚くべきは本作が2012年刊行であること。5年経過して明らかに現実が近づいている。 …続きを読む
    『よ♪』@不定期に出没中
    2018年05月14日
    44人がナイス!しています
  • ロボットと人という古くからのテーマを超AI、クラウドそしてアナログハックという人の心を形で誘導する概念で新しく作り直したモノと人間の未来の形を見せてくれた。信じるという行為がモノとの間にも成り立つ世界 ロボットと人という古くからのテーマを超AI、クラウドそしてアナログハックという人の心を形で誘導する概念で新しく作り直したモノと人間の未来の形を見せてくれた。信じるという行為がモノとの間にも成り立つ世界。人間にとって過去は重いなぁと理想の世界を夢見て思う。新しいスタンダードとなる作品かと思う。高校生が主人公で軽いノリかと危惧してましたがそんな事なく深い物語でした。面白かった! …続きを読む
    日向永遠 @鉛筆画は楽しい!
    2018年04月18日
    35人がナイス!しています
  • 最初に読んだときはうまく飲み込めてなかったのが今読むとスッと入ってきてこんなに面白い作品だったのかという感想。 最初に読んだときはうまく飲み込めてなかったのが今読むとスッと入ってきてこんなに面白い作品だったのかという感想。
    ソラ
    2018年03月24日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品