角川文庫

恐怖の報酬

こんなはずじゃなかったのに――。平和な日常が反転する傑作短編集。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041065945
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

恐怖の報酬

こんなはずじゃなかったのに――。平和な日常が反転する傑作短編集。

  • 著者 赤川 次郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041065945

こんなはずじゃなかったのに――。平和な日常が反転する傑作短編集。

大切な来客の駐車場を確保しそこなった昭子。年下の課長から毎日嫌がらせを受ける定年間際の柳井。公園でガラの悪い男たちに絡まれ、一緒にいた彼氏に置いていかれた友子。アイドルと共に強盗の人質になった銀行員・明美。窮地に陥った4人はそれぞれ差しのべられた救いの手を取ろうとするが……。信じていた日常に裏切られた人間の、もろさとしたたかさを容赦なく描き出す、傑作短編集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「恐怖の報酬」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 因果応報、悪いことした人には罰がくだればいいのに。人に優しくした人は報われればいいのに。 ホラー風味だけど、温かい本でした。 因果応報、悪いことした人には罰がくだればいいのに。人に優しくした人は報われればいいのに。 ホラー風味だけど、温かい本でした。
    ずぅ
    2018年10月25日
    4人がナイス!しています
  • さすが、サクッと読めます。四つの短編だけど内容は軽い。 さすが、サクッと読めます。四つの短編だけど内容は軽い。
    ケロたん
    2019年01月26日
    2人がナイス!しています
  • 短編集ですが、息もつかせない筋書きは流石です。「使い走り」が私的には良かったかな。 短編集ですが、息もつかせない筋書きは流石です。「使い走り」が私的には良かったかな。
    白いカラス
    2019年02月11日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品