本日はコンビニ日和。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
290
ISBN:
9784048935999

本日はコンビニ日和。

  • 著者 雨野 マサキ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
290
ISBN:
9784048935999

すみればあちゃんが遺してくれた宝物には、今日も誰かがやってくる。

 大好きなすみればあちゃんが、1年前死んだ――。
 純平が住む小さな町・虹色町には、何でも揃うコンビニがある。お店を作ったのは、町の人気者だった純平の祖母・すみればあちゃんだ。
 そんなばあちゃんが残したのは、18歳の純平をコンビニオーナーにするという遺言だった。
 自信のないままオーナーになった純平だが、個性豊かなスタッフとお客に囲まれ働くうち、すみればあちゃんの想いを知ることになり……。切なくて温かい、こもれびの物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「本日はコンビニ日和。」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 辛口失礼します。文章がこなれていなくて多少混乱が生じたのと、セリフ展開がくどい感じがしました。普段利用しているコンビニも店員さん側しか知らないことはあるのだなと感じましたが、もっと魅力的な場として書い 辛口失礼します。文章がこなれていなくて多少混乱が生じたのと、セリフ展開がくどい感じがしました。普段利用しているコンビニも店員さん側しか知らないことはあるのだなと感じましたが、もっと魅力的な場として書いていただきたかった。残念です。 …続きを読む
    佐島楓@勉強中
    2017年12月27日
    53人がナイス!しています
  • 死んだ祖母が経営していたコンビニを相続する事になった18歳の少年純平が、大学進学を断念した事に未練を残しながらも、個性豊かな従業員達とスーパーもない田舎で地域の人達の生活を支え続けるお仕事物語。偉大な 死んだ祖母が経営していたコンビニを相続する事になった18歳の少年純平が、大学進学を断念した事に未練を残しながらも、個性豊かな従業員達とスーパーもない田舎で地域の人達の生活を支え続けるお仕事物語。偉大な功績ばかりの祖母の代わりになるという重責と、慣れないオーナーの仕事の板挟みになる純平ですが、彼の頑張りをしっかりと見続けていた従業員達や地域の人達からの励ましの言葉に胸が温かくなり、頑張り続けていた日々が評価される事は凄く幸せな事だと感じました。幼馴染のまほろに無自覚な恋心を抱いた純平の物語の続きが気になる。 …続きを読む
    スズ
    2018年07月18日
    33人がナイス!しています
  • みんなに慕われ愛されたおばあちゃん。そんなおばあちゃんが亡くなり、おばあちゃんのコンビニのオーナーを任されることになった孫の純平、十八歳。その重圧と戦いながら、両親や店員、大切なお客様と過ごす日々。普 みんなに慕われ愛されたおばあちゃん。そんなおばあちゃんが亡くなり、おばあちゃんのコンビニのオーナーを任されることになった孫の純平、十八歳。その重圧と戦いながら、両親や店員、大切なお客様と過ごす日々。普段は客として訪れたことしか無いコンビニ。バックヤードのあれこれを興味津々で読んだ。昨今コンビニは問題が山積で大変と聞いているが、こんなに皆が密接で人情溢れ楽しそうだったら、問題無いのにね。純平の抱えるプレッシャーは理解できる。だからこそ轟の言葉が胸に刺さった。助言してくれる人がいるって幸せなこと。 …続きを読む
    メルル
    2018年01月19日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品