夫はホテルオークラ元総料理長、妻は料理家 ふたりのごはん

食を極めた二人がたどりついたのはシンプルな料理

  • 著者 根岸 規雄
  • 著者 石原 洋子
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2018年01月25日

食を極めた二人がたどりついたのはシンプルな料理

夫はホテルオークラ東京開業以来50年にわたり腕をふるい、第四代総料理長(2001~2009年)を務め現在はホテルオークラ顧問。妻は料理研究家としてテレビや雑誌などで活躍、自宅で開く料理教室は40年以上になる。料理界のトップを極めた60代・70代夫妻の、ふだんの食生活を綴った初めての本。日常生活を豊富な写真やレシピで紹介、豊かな食ライフへの手引書。

もくじ

PART1 朝昼晩のごはん
夫が作る定番朝食=スープ、スムージー、コールスローサラダ、パン
*ホテル仕込みの朝食=フレンチトースト、オムレツ
お昼ごはん=小松菜かけうどん、かき揚げざるうどん
いつもの夕食(春夏)=しゃぶしゃぶ、肉焼き、ポテトサラダ、酢の物、沢煮椀
いつもの夕食(秋冬)=ぶりの照り焼き、吹き寄せきんぴら、白和え、みそ汁
PART2 四季の味
(春)たけのこづくし=きんぴら、酢豚、クリーム煮、ちらし寿司
帆立のソテー、帆立のぬた
(春の常備菜 保存食)実山椒、いわしの山椒煮
(コラム)お気に入りのキッチン道具⇒こだわり包丁、意外な100均グッズも
(夏)なすづくし=焼きなす、みそ炒め、利休煮、ラタトィユ
トマトのすし酢、きゅうりの中華漬け
(同じ食材でふたり対決レシピ)モロヘイヤ=ネバ和え、冷製スープ
(夏の常備菜 保存食)らっきょう、梅干し、しそジュース、ルバーブジャム
(コラム)思い出の器や絵
(秋)鮭のムニエルとしょうゆ麹焼きほか
(秋の常備菜 保存食)きのこ炒め、栗ペースト、栗きんとん、マロンスシャンテリー
(コラム)お気に入りの外食 究極のそばづくし
(冬)大根と豚肉の中華煮、白菜と牛肉の蒸し煮、カリフラワーの蒸し焼き
(冬の常備菜 保存食)切り干し大根 煮物、大根菜の佃煮とおかゆ
ねぎベーゼ パスタねぎベーゼ
PART3 おもてなしのメニュー
孫が来る日=唐揚げ、春雨サラダ、中華おこわ
大人のおつまみ=カルパッチョサラダ、アスパラ巻き、レバーペースト
(コラム)ふたり旅、グランシェフ時代の思い出メニュー

生活・実用書売上ランキング

最近チェックした商品