見仏記 道草篇

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年04月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784041064306

見仏記 道草篇

  • 著者 いとう せいこう
  • 著者 みうら じゅん
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年04月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784041064306

すべての道は、見仏に通ず。大人気シリーズ、道草多めの最新刊。

仏像を見続けて四半世紀。「見仏」を極めた二人にとってはもはや、道草すら見仏の一部。恐山、大分の国東半島、そして中国峨眉山に飛びながら、時にパンダを見るだけで一日をつぶす。寄り道おおめの旅日記。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「見仏記 道草篇」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 今回の見仏コンビ、仏は何処へ、あっちへこっちへ寄り道だらけ。まさに「道草編」であります。しかしこの道草、大人になるとしないんですよね。美味しい物へ、可愛い物へ、珍しい物へと向かって行く姿はまるで少年の 今回の見仏コンビ、仏は何処へ、あっちへこっちへ寄り道だらけ。まさに「道草編」であります。しかしこの道草、大人になるとしないんですよね。美味しい物へ、可愛い物へ、珍しい物へと向かって行く姿はまるで少年の様でした。ここで出た言葉「ガビる」は今後、使うかもしれません。印象に残ったのは青森。遠いけど、いつかは行ってみたいなぁ。 …続きを読む
    nyaoko@キジトラ年だぞ🐈
    2019年07月07日
    67人がナイス!しています
  • 仏像のみならず万物をお互いのペースで愛でるのが良いのでしょうね。遂に中国までも行ってしまいますし。のほほんと続く「見仏」の旅、次はどこへ行くのでしょう。 仏像のみならず万物をお互いのペースで愛でるのが良いのでしょうね。遂に中国までも行ってしまいますし。のほほんと続く「見仏」の旅、次はどこへ行くのでしょう。
    優希
    2022年05月02日
    44人がナイス!しています
  • 見仏記を読み始めたのが学生の頃だから20数年前、いまだに彼らの背中を追っている。今回は久しぶりの見仏、50代60代の2人のトークの後ろに「生きる」ことへの達観、諦観が増えた気がする。ベテラン感と言えば 見仏記を読み始めたのが学生の頃だから20数年前、いまだに彼らの背中を追っている。今回は久しぶりの見仏、50代60代の2人のトークの後ろに「生きる」ことへの達観、諦観が増えた気がする。ベテラン感と言えば聞こえがいい?見仏スタイルにも少しずつシンコペーション(信仰)が見え始めるし、あの世が近づいてきた感じ。悪くないけどみうらさんが還暦過ぎなんてねぇ、と改めて思い知らされる。私もすっかりババアになりました(笑)って、これも悪くないというか歳を取る自分が面白いと思ってるんだけど。枯れ線見仏はまだまだ続けてほしい。 …続きを読む
    荒草ミエル
    2020年07月21日
    31人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品