試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年04月05日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784041063262

複眼人

  • 著者 呉 明益
  • 訳者 小栗山 智
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年04月05日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784041063262

「こんな小説は読んだことがない。かつて一度も」ル=グィン(ゲド戦記)

〈台湾民俗的神話×ディストピア×自然科学×ファンタジー〉
時に美しく、時に残酷な、いくつもの生と死が交差する、感動長編。

次男が生きられぬ神話の島から追放された少年。自殺寸前の大学教師の女性と、山に消えた夫と息子。母を、あるいは妻を失った先住民の女と男。事故で山の“心”に触れた技術者と、環境保護を訴える海洋生態学者。傷を負い愛を求める人間たちの運命が、巨大な「ゴミの島」を前に重なり合い、驚嘆と感動の結末へと向かう――。
人間と生物、自然と超自然的存在が交錯する世界を、圧倒的スケールと多元的視点で描く未曾有の物語。


メディアミックス情報

NEWS

「複眼人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 色濃く、そして何度も現れる死のイメージ。生命を生み出し、そして呑み込む大いなる海。神の恵みと罰。でも結局何が何だか…自分の読解力の無さが嘆かわしい。 色濃く、そして何度も現れる死のイメージ。生命を生み出し、そして呑み込む大いなる海。神の恵みと罰。でも結局何が何だか…自分の読解力の無さが嘆かわしい。
    みっちゃん
    2021年07月26日
    135人がナイス!しています
  • 架空の太平洋の孤島を出た少年が主要人物の1人だったこともあり、神話の、それも天地創造とその終末を著した物語を彷彿とさせる。海山の恵によって生き、そしてそれからの離別を強いられる原住民(※)が最前線にい 架空の太平洋の孤島を出た少年が主要人物の1人だったこともあり、神話の、それも天地創造とその終末を著した物語を彷彿とさせる。海山の恵によって生き、そしてそれからの離別を強いられる原住民(※)が最前線にいるが、作家は彼らに特等席を与えない。漢族のアリスも、彼女の配偶者を含む北欧人達も共にその渦中に投げ込まれ漂う。作中の複眼人は、人類の行為を批判したりしない。ただ、他の生物がその本性に従って生きねばならぬのと同様、アリスが物語を紡ぐ様に象徴的行為を行い、それにすがって生きて行かざるを得ないことを(続) …続きを読む
    ばたやん@かみがた
    2021年08月01日
    103人がナイス!しています
  • ★★★★☆ あの少年が乗ってきた、いや住んでいた島には、私の持ち物もあったのではないか。ただで貰ったお店のナイロン袋、持ち帰りアイスコーヒーのストロー。あの日風に吹かれた物、ゴミ箱に捨てた後どうかして ★★★★☆ あの少年が乗ってきた、いや住んでいた島には、私の持ち物もあったのではないか。ただで貰ったお店のナイロン袋、持ち帰りアイスコーヒーのストロー。あの日風に吹かれた物、ゴミ箱に捨てた後どうかして海に落ちた物。意志無く捨てた物たちの行方を振り返ってももう追えない。海に落ちたそれらは朽ちること無く島となり戻ってくる。知らぬ島からゴミの島に乗ってくる少年の話はファンタジーだがゴミの話はブラックだ。少年と関わる女性アリスが台湾の語り部だ。彼女の息子への思いは切ない。現れた複眼人は何を警鐘しているのだろうか。 …続きを読む
    ゆりあす62
    2021年08月20日
    99人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品